無印良品の家の最新坪単価

最新標準仕様・装備の資料を無料で一括ゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!


最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ!

取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!

そうなんだ!!
せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!

オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!

え〜!!
そんなにお金がかかるの!!
しっかり事前に調べる必要があるわね!

だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!

どんなサービスなの?

家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ!

そのハウスメーカーからカタログや間取りプランをもらえるサービスニャ!

無料だから試してみてニャ!

無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

・完全無料
・最新カタログ一括GET
・間取りプランや資金計画もGET

無料サービスはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

無印良品の家

無印良品の家の坪単価を詳しく紹介!費用相場を確認してみよう!

この記事では、公開されている情報をもとに『無印良品の家』の坪単価や家の価格・費用相場についてまとめています。

無印良品の家の坪単価はどの程度の水準にあるのか、一般的な評価では「他の大手ハウスメーカーと比較するとやや高め」とされています。

無印良品で家を建てようと思っている場合には価格だけでなく、プラスアルファの魅力をどれだけ見いだせるかがポイントとなってくるでしょう。

 

それだけに無印良品のシリーズごとの特徴やそれぞれの坪単価を確認し、価格以上の魅力を見いだせるか、坪単価計算では少々高めであっても購入する価値があるかどうかをよく吟味していくことが重要です。

まずは無印良品全体の特徴と、シリーズや建物の種類ごとの坪単価・費用の相場を確認してみましょう。

 

無印良品の家の評判と口コミ
無印良品の家の評判・口コミを徹底調査!家を建てた人のリアルな声はこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『無印良品の家』の評判・口コミについてまとめています。   無印良品といえば、インテリアや食品、洋服や雑貨など、極めてシンプルなデザイン ...

続きを見る

 

無印良品の家の特長と価格相場
無印良品の家の価格相場を紹介!お値引きや1000万円台の家についてはこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『無印良品の家』の価格相場や家の特徴についてまとめています。   無印良品の家の評判・口コミを徹底調査!家を建てた人のリアルな声はこちら ...

続きを見る

 

無印良品の家の特長と価格相場
無印良品の家の価格相場を紹介!お値引きや1000万円台の家についてはこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『無印良品の家』の価格相場や家の特徴についてまとめています。   無印良品の家の評判・口コミを徹底調査!家を建てた人のリアルな声はこちら ...

続きを見る

 

無印良品の家の住宅の特徴について

無印良品の家の最大の特徴として挙げられるのが工法です。

無印良品の家は「SE構法」と呼ばれる工法を採用しており、柱の数を最小限に抑えつつも耐震性や安全性を確保するのに適しています。

もともと「SE構法」は大型の店舗や屋内スポーツ施設など広い空間を確保する必要がある建築物に使用されているものです。

無印良品ではそれを一般住宅に採用することで広く開放的な空間づくりを目指しています。

柱が少なければそれだけ採光もしやすく、明るく開放的な空間を作るのに役立ちますし、間取りの工夫もしやすくなります。

自由度が高く、安全な家造りに適した工法と言えるでしょう。

また、後述する「木の家」シリーズに代表される木造建築のメリットを活かした温かみのある家造りも大きな特徴となっています。

 

無印良品の家の坪単価について

無印良品の家の特徴は木造のメリットを最大限に活かした環境づくりにあります。

また、最新の工法や優れたデザインを取り入れている点でも高い評価を得ています。

その一方でこうしたこだわりの影響からか坪単価が少々高め、との意見も見られます。

無印良品の坪単価の相場は60万~90万円程度で、かなり幅が見られるのが大きな特徴です。

理由としては商品・シリーズによって坪単価の相場に違いが見られること、そして先述したデザイン性や導入される設備によって差が見られることなどが挙げられます。

無印良品で家を建てるかどうか検討する際には自分たちの理想の家づくりにあったシリーズをまず選び、その上で坪単価や総額がどの程度になるのかをチェックしていくことが重要になるでしょう。

 

無印良品の家の建坪ごとの建築価格と総費用

ここでは実際に無印良品の家で建築した住宅の建築事例をもとに建坪ごとの坪単価や基本価格をまとめています。

無印良品の家の20坪台の価格相場

坪数坪単価基本価格
木の家2階建て 84.45m2(25.54坪)77.60万円1,982万円
木の家2階建て 94.4m2 (28.55坪)72.43万円2,068万円
窓の家2階建て 85.29m2(25.80坪)79.53万円2,052万円
窓の家2階建て 91.91m2(27.80坪)76.65万円2,131万円
陽の家1階建て 83.63m2(25.29坪)81.73万円2,067万円
陽の家1階建て 95.23m2(28.80坪)76.80万円2,212万円
縦の家3階建て 73.89m2(22.35坪)117.94万円2,636万円
縦の家3階建て 82.80m2(25.04坪)109.66万円2,746万円

無印良品の家の30坪台の価格相場

坪数坪単価基本価格
木の家2階建て 114.27m2(34.56坪)68.31万円2,361万円
木の家2階建て 105.98m2(32.05坪)69.48万円2,227万円
窓の家2階建て 120.9m2 (36.57坪)67.62万円2,473万円
窓の家2階建て 104.33m2(31.55坪)73.28万円2,312万円
陽の家1階建て 104.34m2(31.56坪)75.69万円2,389万円
陽の家1階建て 110.96m2(33.56坪)75.26万円2,526万円
縦の家3階建て 108.02m2(32.67坪)90.44万円2,955万円
縦の家3階建て 108.02m2(32.67坪)94.09万円3,074万円

無印良品の家の40坪台の価格相場

坪数坪単価基本価格
木の家2階建て 125.87m2(38.07坪)65.30万円2,486万円
窓の家2階建て 137.46m2(41.58坪)64.11万円2,666万円
窓の家2階建て 133.31m2(40.32坪)65.99万円2,661万円

※建築価格(建築総費用)は、本体価格に外構などの「別途工事費用」および登記費用や住宅ローンの手続き費用などの「諸費用」(300万円~400万円が目安)が追加で必要になります。

 

他社ハウスメーカーと無印良品の家の坪単価比較

ここでは無印良品の家の坪単価と比較するために、他の大手ハウスメーカーの坪単価を参考までに掲載しています。

ハウスメーカー坪単価
無印良品の家60万円~90万円
アキュラホーム45万円~80万円
タマホーム35万円~80万円
一条工務店50万円~80万円
積水ハウス60万円~80万円
ミサワホーム65万円~75万円
住友不動産45万円~75万円

 

無印良品の家の平屋の坪単価と費用相場について

平屋住宅は2階建て、3階建てに比べて坪単価が安くなりますが、その分居住空間が少なくなるため、コストパフォーマンスを意識した検討が必要です。

とりわけ無印良品の家は坪単価がやや高めな水準にあるだけにこの点が重要になってくるでしょう。

無印良品の家の平屋住宅の坪単価は70万~90万円程度

大手ハウスメーカーの平屋住宅の平均坪単価は50万円前後ですが、全体平均と比較して高価格な印象ともいえます。

価格の面では他社よりも高く感じるかもしれませんが、その分無印良品のデザイン性や快適性ふんだんに取り入れられた家になっています。

あとはどんな設備を導入するかによって若干の違いが出てくるでしょう。

なお、平屋でも木造のSE構法が採用されています。

 

無印良品の家の3階建ての坪単価と費用相場について

無印良品の家の3階建て住宅になると坪単価がやや高めになるのは避けられません。

無印良品の家の3階建ての坪単価は70万~110万円程度

なお、無印良品の3階建て住宅の中では広く見せる工夫があちこちに取り入れられた「縦の家」シリーズがとくに人気です。

このシリーズは狭い土地でも3階建てを建てやすく、しかも土地を最大限に活かした空間づくりに適しています。

狭い土地に3階建てを建てたいときに坪単価がどれぐらいになるのか、コストパフォーマンスに優れているのかを意識して評価する必要もありそうです。

広い土地に3階建てを建てるよりも、狭い土地に建てるほうがハウスメーカーの実力がはっきりでるものですから、価格の安い/高いだけで判断しないことが求められます。

 

無印良品の家の商品別坪単価

無印良品では4つのシリーズを展開しています。

とくに主力製品となっているのが「木の家」シリーズです。

SE構法を採用した広々とした空間、モダンなセンスが光るデザイン性といった無印良品の家の特徴の多くはこの「木の家」シリーズによるものです。

しかし、他の3つのシリーズにもそれぞれ特徴や魅力を備えており、いかにも「無印良品らしい」家となっています。

ですからそれぞれの坪単価を確認するのはもちろん、自分たちが理想とする家造りを実現するのにどのシリーズが適しているのかを比較検討していくことも欠かせません。

 

無印良品の家の『木の家』の坪単価

木の家

出典:無印良品の家

SE構法を採用し、限られた柱と壁で高い強度を実現しているのが無印良品の「木の家」の最大の特徴です。

先述したように、柱・壁の都合で間取りの自由度に制限が加えられるといった問題が起こりにくく、施主ひとりひとりの理想に近い家造りを目指していくことができます。

さらに非常に大きな特徴となっているのが基本的に個室を作っていない点です。

つまり仕切り壁を使うことで柔軟に間取りを変更することが可能になっています。

お子さんの成長など家庭環境の変化に合わせて居住環境を適応しながら家族全員にとって住みやすい空間作りを目指すことができます。

「木の家」の坪単価は60万~80万円程度

主力製品ということもあり、無印良品全体の坪単価の平均とだいたい同じくらいの水準です

 

無印良品の家の『窓の家』の坪単価

窓の家

出典:無印良品の家

無印良品の家の「窓の家」シリーズはその名前の通り窓を重視した家造りができるのが最大の特徴です。

どこに窓を設けるのか、どれだけの大きさにするのか、採光や開放感など室内の状況も考慮したうえで窓を設定していくことができます。

また、窓には目立たないフレームが採用されており、全体の印象がシンプルでスタイリシュになっているのも大きな特徴と言えるでしょう。

ユニークな点として室内にも窓を設置できることも挙げられます。

窓を大きくする、または数を多くするとなると断熱性や気密性に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

「窓の家」シリーズではもちろんそんな不安点を考慮したうえでサッシにはトリプルガラスを採用、非常に優れた断熱性能で室内の開放感と引き換えに心地よさが損なわれるといったこともありません。

「窓の家」の坪単価は60万~80万円程度

こちらも「木の家」シリーズと同様、無印良品全体の相場と同程度の水準です。

どちらも価格の相場は2000万~3000万円程度が基準となるでしょう。

 

無印良品の家の『陽の家』の坪単価

陽の家

出典:無印良品の家

無印良品の家の「陽の家」は2019年に発売を開始したまだ新しいシリーズです。

平屋建てをメインとしており、郊外など広い敷地を確保できる空間に建てるのに適した特徴を備えています。

特徴としては段差を最小限に抑えることで庭と室内の連続性を重視している点です。

家が自然と一体化しているような感覚で暮らせるだけでなく、バリアフリーの観点からも非常に魅力的な部分と言えます。

さらにユニークな点として窓を壁の中に収納することができる「全開口サッシ」が採用されていることが挙げられます。

これによって窓を開いた時にサッシが折りたたまれるため、窓をフルオープンにすることができ、より開放的で広々とした空間が実現します。

「陽の家」の坪単価は70万~90万円とやや高め。

2500万円程度で購入することも可能です。

 

無印良品の家の『縦の家』の坪単価

縦の家

出典:無印良品の家

無印良品の家の「縦の家」は、限られたスペース内を最大限に活用して家を建てるのに適したシリーズとなっており、名前の通り縦に長い家造りに定評があるので3階建て住宅の重要な選択肢ともなっています。

また自由度が非常に高く、限られた空間を最大限に活かした間取りも可能です。

「横の仕切り」となる間取りだけでなく、「縦の仕切り」となる天井高も自由に設定することができるのも大きな魅力です。

単にスペースを有効利用するだけにとどまらず明るい雰囲気や生活動線にも配慮した家造りができるのも高い評価を得ている特徴として挙げられるでしょう。

3階建てがメインとなるため、坪単価もやや高めになります。

「縦の家」の坪単価は70万~110万円程度となっています。

ただ狭小地に建てるケースが多くなるので全体の価格相場それほど高くなく、2000万円台で建てられことも可能です。

坪単価そのものよりもコストパフォーマンスを意識した評価が必要になるシリーズとも言えそうです。

 

無印良品の家の住宅を選ぶメリット

無印良品の家を選ぶメリットとして、特徴のところでも触れた「SE構法」の導入は挙げておくべきでしょう。

耐震性能だけでなく強度にも優れているため、寿命も長く、よい環境で長く安心して暮らすことができます。

使用されている木材も無垢材の約1.6倍と非常に高い性能を誇っています。

そこに特殊なボルトを使用することで経年劣化による緩みなどのリスクも最小限に抑えています。

もうひとつ無印良品のメリットとして挙げられるのが口コミでもよく見かけるデザインの魅力です。

「木のぬくもり」を重視した温かみとアットホームな雰囲気に満ちた内部の空間、そしてシンプル&スタイリッシュな外観のデザイン…

シンプルな分時代や価値観の移り変わりで評価が損なわれる可能性も少なく、おしゃれで快適な空間で長く暮らし続けることができるでしょう。

そしてこれも特徴や各シリーズのところで触れた間取りの柔軟性の高さ。

あえて個室を設けず、仕切り壁を有効に活用することで生活環境・家族構成の変化にも対応しやすいので二世帯住宅や小さいお子さんがいる家庭にとくに適しています。

 

無印良品の家の口コミの総評

無印良品の家の口コミでよく見られるのは「デザイン性の高さ」と「無印良品にしては価格がちょっと高め」という意見です。

どうしても「無印良品=おしやれ、安い」というイメージがあるため、ブランドそのもののイメージとの間にギャップが生じてしまうのかもしれません。

一方で間取りの自由度に対して設備の自由度があまり高くない点がマイナス評価して見られます。

無印良品の家の良い口コミ

「いかにも木造住宅!といった感じのデザインがとても素敵です。シンプルで飽きがこないですし、友人もアットホームな雰囲気で落ち着くと言っていました。長く心地よく暮らすことができそうです」

 

「シンプルなデザインも魅力ですが、断熱・気密性に優れているのも素晴らしいと思いました。夏は涼しいのに冬は暖かい。冷暖房の光熱費も節約できますし、窓が大きく採光をしっかりできるのに暑さ・寒さを気にしなくていいのも素晴らしいと思います」

 

「SE構法による間取りの広さと開放感が何よりも魅力です。柱が少ないので窓から差し込む光が遮られずに広い範囲を明るくすることができますし、吹き抜けの開放感も抜群です」

 

無印良品の家の悪い口コミ

「間取りの自由度と柔軟性はとても素晴らしいのですが、外壁の選択肢が限られているのがとても残念な点です。とくにタイル貼りに対応していないのは個人的に大きなマイナス材料です。しかも漆喰や木製サイディングなど、無印良品の外壁はちょっとメンテナンスが面倒なことなりそうなのが不安材料です」

 

「ちょっと驚いたのが玄関のドアを選べない点です。ドアそのもののデザインはいかにも無印良品らしくシンプル・スタイリッシュでOKなのですが…玄関ドアはいわば家の「顔」ですから、選択肢がなくて選べないというのが大きなマイナス材料になると思います」

 

「間取りが自由で開放感があるのはよいのですが、その分住宅内の防音性能がちょっとイマイチな感じです。もし子供が楽器でもはじめることになったらどうなるのか、ちょっと今から心配になっています」

総評

全体的に見て無印良品の家はまさに「無印良品らしい」優れたデザイン性が高く評価されていると言えるでしょう。

その一方で坪単価や価格に関しては他の大手ハウスメーカーと比較して少々高めとなっています。

デザイン性や設備・機能面の魅力でこの価格面のデメリットをカバーできるかどうかで評価に大きな差が出てくるのかもしれません。

また木造建築の魅力が見直されつつありますが、これから木造の注文住宅を建てようと思っている方にとって「木の家」シリーズをはじめとした無印良品のシリーズは魅力的な選択肢となるのは間違いないでしょう。

とくに木のぬくもりと開放感、採光を重視したい方はこのメーカーの「SE構法」はとても大きなメリットとなるはずです。

 

無印良品の家の会社情報

会社名株式会社 MUJI HOUSE
所在地〒170-8424 東京都豊島区東池袋4-26-3
設立2000年5月31日
資本金1億4,900万円
従業員数76名
主な事業無印良品の家を中心とした住空間の直営及びネットワーク事業の運営/商品企画/開発/卸し及び販売

 

 

坪単価はハウスメーカーによっても変わる

注文住宅を建てる際には、多くのハウスメーカーの中から、提案されている商品やオプションなどによって一つを選びます。

何を重視してメーカー選びをするかは多種多様ですが、ハウスメーカーごとに目安となる坪単価が異なる点は念頭に入れておきたいものです。

ハウスメーカーは、坪単価によってローコスト系とミドルコスト系、そしてハイコスト系に分類できます。それぞれ、どのぐらいの坪単価が目安となり、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ローコスト系ハウスメーカーの坪単価

ローコスト系ハウスメーカーの中には、タマホームのように全国展開しているメーカーもあれば、地域密着型の工務店まで様々です。

坪単価の目安としては30万円~50万円程度で、大手ハウスメーカーの平均となる70万円~80万円と比べると、リーズナブルな価格で住宅を建てられます。

これは坪単価なので、住宅の面積によって実際にかかる建物販売価格は異なります。

 

しかし多くの場合、1,000万円から2,000万円ぐらいの建物価格に設定されているケースが多く、初めて住宅を購入する人が検討したいタイプの住宅と言えるでしょう。

ローコスト系ハウスメーカーの住宅は、インテリアや間取りなどに関してのカスタマイズ選択肢が少ないという特徴があります。

 

すでに決められている間取りやインテリアをそのまま受け入れられる人なら、ローコスト系ハウスメーカーの注文住宅でも、十分に満足できる可能性は高いでしょう。

ただし、住む人のライフスタイルやこだわりに合わせてカスタマイズしたい人にとっては、選択肢が少ないという点で物足りなく感じるかもしれません。

 

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価は、約50万円~60万円ぐらいが目安となります。

全国展開しているメーカーなら、ヤマダホームズや一条工務店などが該当するでしょう。

 

ミドルコスト系のメーカーは、ローコスト系の住宅と比較すると設備が充実していることが多いです。

大手メーカーの坪単価よりも若干リーズナブルなので、満足度が高い住宅をお買い得な価格で建てられる点が、ミドルコスト系の最大の魅力です。

 

デメリットは、ローコスト系と同様に、カスタマイズ性がそれほど充実していないという点があげられます。

完全フリースタイルで住宅を建てたい人にとっては、ミドルコストでも十分な満足度を得られないかもしれません。

 

ハイコスト系ハウスメーカーの坪単価

ハイコスト系は、大手ハウスメーカーが多く、坪単価は70万円以上が目安です。

メーカーごとに複数の商品をラインナップしており、それぞれ坪単価は異なります。

しかし、ハイコスト系ハウスメーカーの中でも定番商品や主力商品となっている商品の多くは、坪単価は70万円~80万円程度に抑えられていることが多く、オプションを装備することで坪単価が高くなる仕組みとなっています。

ちなみに、ハイコスト系のハウスメーカーの中でも全国展開しているメーカーだと、ヘーベルハウスや住友林業あたりが該当します。

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-無印良品の家
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.