木下工務店

木下工務店の標準仕様について紹介!信頼感と納得の標準装備はこちら♪

 

この記事では、公開されている情報をもとに『木下工務店』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。

 

木下工務店は、主にコンセプト住宅という新しい家づくりスタイルを提供しています。

初めてのマイホームづくりに不安を抱いている人もおり、そんな人たちでも十分に満足して快適に暮らせるような工夫を木下工務店は凝らしています。

特に力を入れているのは、耐震性快適性、そして安心の50年保証の3つです。

また、完全自由設計であるのもポイントです。

狭い土地を持っている場合、他のハウスメーカーだと既にある間取りを選ばないといけなかったのが、木下工務店にお願いしたところ、自分の要望も聞いてくれ、満足いく間取りにできたと評判です。

マイスターと呼ばれる専属職人の施工が非常に品質がよく、下請け業者に依頼することがないため、コストも抑えられます。

木下工務店は、標準仕様のままでも十分快適な家づくりをしてくれると言えます。

 

タマホームの標準仕様
タマホームの標準仕様について紹介!信頼感と納得の標準装備はこちら♪

この記事では、公開されている情報をもとに『トヨタホーム』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。 タマホームは、有名なハウスメーカーであるため安心して任せることができるという人が比較的多いです。 ...

続きを見る

一条工務店の標準装備
一条工務店の標準仕様(標準装備)や設備をどこよりも詳しく紹介!

  この記事では、公開されている情報をもとに『一条工務店』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。   日本のハウスメーカーとして、他社に先駆けて「免震」構造や「高気密高断熱 ...

続きを見る

 

【木下工務店】構造・工法の標準仕様

木下工務店の工法の標準仕様は、木造2×4工法を主要構造としています。

工法は、耐震システムDUOフレーム工法が標準仕様です。

特徴は、地震の揺れを最大70%軽減することができ、強い揺れでも建物をしっかりと守ります。

これは高層ビルの揺れ制御にも使用されており、この技術を上手に住宅にも応用した工法でもあります。

 

地震大国の日本では被災する可能性が高く、せっかく建てた家でもすぐに倒壊してしまっては意味がありません。

そのため、何度も揺れが繰り返しても耐えられるように設計し、家の耐久性や寿命を延ばすことに成功しました。

維持メンテナンスがかからず、ツーバイフォー工法や新木造軸組工法にも対応できます。

実際に地震が起きても、あまり揺れを感じなかった、大きな揺れでも耐えたという実績もあり、大変信頼のおける工法にて家作りをしています。

 

【木下工務店】基礎の標準仕様

地球環境の保全を重要視する意見が目立つようになり、それに伴って地球温暖化防止を推進するのが世界の基準となっています。

そこで木下工務店の住まいは、高耐久、長寿命、省資源、省エネの観点から住まいを作ることを意識しています。

特に耐久力を上げるためにベタ基礎を標準仕様としています。

べた基礎

ベタ基礎は地震に強く、コンクリートと鉄筋で地面を覆う構造となっています。

そのため、永く快適に、安心して住み続ける家を実現することができました。

 

【木下工務店】外壁の標準仕様

木下工務店では、「サイディング」と「高耐久シーリング」を外壁にした木造耐火住宅が標準仕様です。

外壁材の耐火性にこだわり、さらに透湿防止シートや耐力面材、ロックウールなどを使用することで、外壁耐火構造を実現しています。

つまり、内側外側関係なく火に強い住宅となっています。

木は燃えやすそうに見えても、実は燃えると表面に炭化層ができ、内側へ酸素が行き渡らなくなり、完全に燃えてしまうまで時間がかかります。

しかし、鉄は火に晒されると10分後には強度が2割ほどに落ち、550℃を超えると変形して完全に崩れてしまう可能性があります。

そのため、木下工務店では木材を使用しつつ、耐火性に優れた住宅に重点を置いて、外壁にもこだわりを見せています。

気密性などに優れた外壁にこだわるハウスメーカーはたくさんありますが、木下工務店は特に耐火性にも視野を広げているため、安心して任せられるという人が多いです。

 

【木下工務店】屋根の標準仕様

木下工務店の屋根は、「コロニアル瓦」を標準仕様にしています。

一般的な住宅では広く使用されているため、安心の素材です。

ただ、ガルバリウム鋼板の性能の良さから、最近ではこちらに変更する人も増えています。

 

日本瓦と比べても若干耐久力が劣り、メンテナンスがかかってしまいます。

しかし、コロニアル瓦はほとんどの業者が取り扱っており、不慣れな施工ミスをされる恐れもほとんどないため、メンテナンス面以外では標準仕様でも特段、問題はありません。

それでも、割れやすい、冬は凍害の恐れもあるため変えたい、という意見もありました。

 

【木下工務店】断熱の標準仕様

木下工務店の断熱仕様は、現場泡吹付け発泡という工法を標準仕様として採用しています。

断熱材は高性能グラスウールを使用します。

内部の壁に直接泡を吹きつけるため、柱や木目、コンセントなど、細かい隙間でも綺麗に覆うことができるのが特徴です。

これを発砲断熱システムと言います。

ウレタン樹脂にて構成されている気泡構造なので、経年劣化の心配もほとんどなく、これによりメンテナンスフリーの状態が半永久的に続きます。

もちろん、高断熱、高気密も持続します。

そのため、エアコンの効きを良くし、エアコンを切った後でも最適な温度を保ってくれるため快適な時間を過ごすことができると好評です。

一般的な住宅と木下工務店の住宅を比べると、標準仕様で施工しても年間約4万円も差が出ることもあり、お財布にも優しいと大満足です。

 

【木下工務店】キッチンの標準仕様

木下工務店のキッチンは、クリナップ製のものが標準仕様となっています。

クリナップのステディア

出典:クリナップ

対面型のキッチンなので、リビングの様子を見ながら料理ができます。

また、食洗器や食器棚もついています。

デザイン性に優れており、機能も十分、コスパも良いと好評です。

 

ステンレスなので汚れがつきにくく、掃除も簡単です。

また、表面にエンボス加工が施されているため、たとえ傷ついてもあまり目立ちません。

収納もたくさん入り、引き出しも軽く、取手も掴みやすいです。

 

シンクも広々と使えるので、大きなフライパンや鍋、もしくは大家族で大量の洗い物がでても十分なスペースが確保されています。

また、シンクで洗い物をしていても、音がしにくいため、夜中でも気にならず洗い物ができます。

 

【木下工務店】トイレの標準仕様

木下工務店のトイレは、TOTO製のものを標準仕様として採用しています。

TOTOのネオレスト

出典:TOTO

たとえば、TOTOの「ネオレスト」というタンクレストイレを選択可能です。

1階、2階の2か所が標準です。なんと言ってもデザイン性が優れており、見た目の良さからTOTOを選ぶ人もいるほどです。

また、汚れが溜まりやすい便器のフチ裏がないため、衛生的です。

 

トイレは毎日掃除するのに腰が重い所ですが、トルネード洗浄やセフィオンテクトなど、普段使っている場面でもある程度キレイを保ってくれるため、毎日掃除をしなくとも良い状態が保てます。

 

長年様々なトイレを開発し続けたTOTOは、超節水と呼ばれる高い節水性能が特徴で、15年前のものと比較しても、年間で1万円以上水道代が節約できるとされています。

このことから、標準仕様のものからあえて変更する人は少ないほど人気です。

 

【木下工務店】お風呂の標準仕様

木下工務店のお風呂は、TOTO製のものが標準仕様となっています。

TOTOのシステムバスは、高い省エネ性、浴槽の長時間保温、掃除の簡単さがポイントです。

特にTOTOのシステムバスで有名な機能に「エアインシャワー」というものがあります。

これは、シャワーの中に空気を含ませることで少量の水でもボリュームのあるシャワーにすることができるのです。

そのため、節水しつつ、シャワーも満足して使えます。

 

また、浴槽の周りを断熱材で覆い、さらに発砲ポリプロピレン製の蓋を併用することで、熱が逃げることを防ぎます。

床もTOTO独自の技術で温かさを保っているため、風呂場全体が温かいです。

 

他にも、床や鏡、カウンターなどにも特殊な加工をしているため、汚れにくく、掃除が簡単です。

最近では掃除が楽になるアイテムも増えているため、それと一緒に使うことで、よりお風呂掃除のストレスを軽減できます。

忙しい人や掃除が面倒くさい人から、大変楽になったという意見がありました。

 

【木下工務店】洗面台の標準仕様

木下工務店の洗面台は、LIXIL製のものを標準仕様として使っています。

リクシルのリフラ

出典:LIXIL

90cm幅のもの、1か所が標準です。

キレイアップカウンターとキレイアップ水栓という、LIXILが特許を獲得した特殊な装備を搭載しています。

 

キレイアップ水栓は上から水が出る仕様となっているため、水はねの心配が少なく、水栓まわりに水がたまりにくいため、拭き掃除が簡単です。

 

キレイアップカウンターはバックガードがミラーの下まであるため、凹凸がなく、飛び散った水滴もサッと拭くことができます。

機能性も抜群で、見た目もおしゃれ、さらに三面鏡全収納とLED照明もあり、非常に高評価です。

 

【木下工務店】空調の標準仕様

最近の住宅は第一種換気の全館空調を標準仕様として搭載しています。

換気ユニットからダクトで、各部屋を換気することが可能になり、熱交換もできます。

もちろん、花粉やチリ、埃などもフィルターが屋外に設けられているため、取り込むことはほとんどありません。

室内でも、カビや煙、臭いなどを取り込み、全熱交換器にて新鮮できれいな空気になって循環してきます。

 

もともと空調がなくとも、木下工務店の断熱性能などは良かったですが、この全館空調によってさらに快適性が上がったと好評です。

ただ、家の中にダクトが張り巡らされてしまい、あまり目立たないとはいえ、嫌な人もいます。

木下工務店はそこをも考慮し、ダクトレスの第一種換気システムを採用しているため、第三種換気にするよりこちらにすることをオススメします。

 

【木下工務店】玄関ドアの標準仕様

木下工務店の玄関ドアは、断熱仕様のものが標準仕様です。

断熱性能の高い家を目指すには、玄関ドアも重要な役割を果たしています。

デザインのバリエーションも豊富で、自分の家のイメージに合うものから選ぶことができます。

そのため、選択肢の幅も広いです。

 

ただし、引き戸タイプも開閉タイプはどうしても重たくなりがちであるため、小さい子供や力の弱い人は少し大変な部分もあります。

その分、断熱効果は十分で、10年以上経っても快適な住まいのままという人もいます。

 

【木下工務店】その他標準仕様

その他標準仕様も充実しています。

照明は各種メーカーから選ぶことができ、コイズミなども標準仕様です。

ダウンライトやペンダント型、埋め込み型など様々です。

床は居間がフローリング、トイレや洗面が耐摩擦性フロアー、玄関が300角タイルです。

他にも、サッシがアルミ+樹脂、高断熱複層ガラスだったり、畳が和紙畳を選べたりします。

 

木下工務店は、「この内容でこの価格」がわかりやすくなるよう、人気の最新設備も標準仕様として搭載しています。

後々の調整による追加費用をできるだけなくしているため、満足度が大変高い仕様となっています。

 

【木下工務店】標準仕様のまとめ

木下工務店の標準仕様では、特に断熱性の高さを評価している人が多いです。

真冬に素足で歩いても寒くなく、夏もフローリングがベタベタすることもほとんどないため、何十年経っても快適に過ごせます。

標準装仕様だけでも十分しっかりしており、他のハウスメーカーでは断られた内容や追加費用がかかるものでも予算内で収まるため、安い上に安心して任せられるとも好評です。

 

また、職人も確かな技術を持ったマイスターが勢ぞろいで、特にお金をかけずとも、家の性能がばっちりな点を、多くの人が高く評価していました。

下請け業者がいないからこそコストを抑えることができ、その分を高性能な標準仕様にしています。

(2022年現在)

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-木下工務店
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.