アイフルホームの標準仕様

https://ie-katsu.net

アイフルホーム ハウスメーカーの評判

アイフルホームの標準仕様について紹介!信頼感と納得の標準装備はこちら♪

 

この記事では、公開されている情報をもとに『アイフルホーム』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。

 

アイフルホームは、ローコスト住宅メーカーとして有名です。

住宅の価格が低価格でお手頃だからと言って設備に問題があるとか、標準仕様が雑だということは一切ありません。

アイフルホームからは「FAVO(フェイボ)」、「KIZUNA(キズナ)」、「BeCA(ビーカ)」3つの商品が販売されております。

商品ごとにそれぞれ付随する標準仕様も異なるのですが、どれを選んでも十分な性能を誇ります。

標準仕様でも十分満足いく形で基礎的な部分は完結するため、オプションでは内装やデザインが中心となることが多いです。

 

アイフルホーム坪単価
アイフルホームの価格相場を紹介!お値引きや1000万円台の家についてはこちら

  この記事では、公開されている情報をもとに『アイフルホーム』の価格相場や家の特徴についてまとめています。   ローコスト住宅を建てるにあたり、価格相場やクチコミ・評判など、アイフ ...

続きを見る

 

アイフルホームの評判・口コミ
アイフルホームの評判・口コミを徹底調査!家を建てた人のリアルな声はこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『アイフルホーム』の評判・口コミについてまとめています。   アイフルホームと言えばローコスト住宅として人気ですが、実際にアイフルホーム ...

続きを見る

 

アイフルホームの家の坪単価は?
アイフルホームの坪単価について紹介!2022年商品別の坪単価と特徴はこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『アイフルホーム』の坪単価についてまとめています。   アイフルホームは、代理店を250社以上持ちフランチャイズ展開しているハウスメーカ ...

続きを見る

 

【アイフルホーム】構造・工法の標準仕様

アイフルホームは、耐震構造にすぐれた工法を標準仕様としています。

プレウォール工法と言い、柱、梁、壁、床がひとつのユニットとして互いを支え合うことで、高い耐震性を実現します。

そのため、パネル工法での強度、在来軸組工法の自由度の2つを併せ持ったプレウォール工法が、アイフルホーム独自の耐震構造を生み出しました。

 

また、モノコック構造によって外部からの荷重を面全体で受けて力を発散し、受け止めることで、さらに高い耐震性を誇ります。

色々な工法や構造を組み合わせ、より強度な家を作ることができるのがアイフルホームの特徴です。

標準仕様として見ても十分で、実物大実験も行っていることから、顧客からも安心だという声が挙がっています。

 

【アイフルホーム】基礎の標準仕様

アイフルホームの地盤調査では、一般的なスウェーデン式サウンディング試験をさらに強化させ、新技術のスクリュードライバーサウンディング試験を実施することで、より的確に地盤を把握することができます。

日本は地震が多く、より耐震性に優れた家づくりが求められますが、最も重要なのは根幹部分です。

つまり、基礎です。基礎は建物の一番下で、建物に働く力を地盤へと伝える大切な所です。

よほど弱い地盤でない限りは布基礎でも十分ですが、アイフルホームは基礎底面全体の支持力を使ってより強い力で建物を支えられるよう、構造的にも強いベタ基礎を基本仕様として採用しました。

べた基礎

最近はベタ基礎の方が強いということを知っている人もいるので、安心ポイントでもあります。

 

【アイフルホーム】外壁の標準仕様

アイフルホームの外壁は、優れた耐久性能が特徴です。

超高耐候性の表面塗装は、従来の塗料をさらに強化したプラチナコートです。

本来、外壁は10~15年経つと強度などが落ち、塗装をし直さなければなりません。

しかし、アイフルホームの外壁は30年近く、状態を維持し続けます。

さらに、フッ素コートをすることで色褪せもしにくく、シーリング材も高耐候であるため、白化も起こりにくいです。

また、雨が降ると外壁の親水機能によって汚れを一緒に落としてくれます。

つまり、セルフクリーニングも特化しているため、ほとんどメンテナンスフリーです。

壁のメンテナンスが楽になったという声がありました。

 

【アイフルホーム】屋根の標準仕様

アイフルホームの屋根材は、ストレート瓦を標準仕様としています。

ストレート瓦の特徴は、セメントを主材料としているため、軽量で価格が安く抑えられる点です。

アイフルホームでは瓦を三層構造とし、さらに30年間は瓦の表面を守ってくれます。

また、他の屋根材とは違ってカラーなど、デザインバリエーションが様々なのも特徴の一つです。

 

最近ではガルバリウム鋼板も人気の屋根材ですが、施工する職人に高い技術力が求められ、下手に施工されると錆びが出てきます。

耐久性に優れている陶器瓦でも、地震があった際、重みが原因で耐震性に影響が出る場合もあります。

 

ストレート瓦は塗装のメンテナンスがかかりますが、目立つ弱点もないです。

そのため、バランスがいい屋根材であると言えます。

ランニングコストはかかりますが、とりわけ不満の声は少ないです。

 

【アイフルホーム】断熱の標準仕様

アイフルホームでは、世界最高レベルとも謳われる高レベルな断熱性能、フェノールフォームを標準仕様として採用しています。

一般的に使用される断熱材はグラスウールですが、フェノールフォームはそのグラスウールの2倍近くの断熱効果を発揮します。

耐久性も申し分なく、何年経っても断熱性能が落ちることはほとんどないほどです。

 

施工時、断熱材がうまくはまっていないと熱が出入りしやすくなり、快適とは言い難い家になってしまいます。

しかし、アイフルホームはパネル工法を取り入れているため、工場でジャストカットされた断熱材が住宅を覆い、断熱効果がいつまでも続きます。

また、年間7万円近く光熱費を節約することができたという人もいます。

【アイフルホーム】窓の標準仕様

アイフルホームの窓の標準仕様は「エルスターX トリプルガラス」と「サーモスX トリプルガラス」がら選択できます。

 

「サーモスX トリプルガラス」はアルゴンガス入りのダブルLow-Eトリプルガラスです。

サッシはアルミ樹脂複合サッシです。

内外のガラスにLow-E金属膜を貼っているため、断熱性能が格段にアップします。

 

「エルスターX トリプルガラス」になると、アルゴンガスよりさらに熱伝導率が低いとされるクリプトンガスが入ったダブルLow-Eトリプルガラスになります。

サッシも複合でなく、完全な樹脂であるため、他のハウスメーカーと比べてもかなり強い断熱効果を発揮します。

 

【アイフルホーム】床の標準仕様

アイフルホームの床は抗菌処理や耐摩擦性、防虫処理などを施しているため、子供やペットに優しい床材となっています。

また、綺麗な色を長年保ちやすくし、傷のつきにくいコーティングも標準仕様となっています。

 

畳も1.5cmとかなり薄いものを使用しているため、フロア材との間に段差ができにくく、バリアフリーの家にもできます。

畳自体も高性能で、従来のものと比べてもカビにくく、ダニも発生しにくいです。

適度な硬さや遮音性にも優れており、和室を採用した人からは満足の声が多いです。

 

【アイフルホーム】キッチンの標準仕様

基本的には、LIXIL製のものを標準仕様として採用しています。

アイフルホームは、安全で住みやすい「ユニバーサルデザイン」と、子供目線で考える「キッズデザイン」に重きを置いています。

火を使わないIHクッキングヒーターも標準仕様として搭載しており、チャイルドロックもついています。

油汚れを最小限に抑えた「よごれんフード」の換気扇や、水圧でしっかりと洗える「くるりん排水口」も標準仕様です。

キッチンシリーズは、「Shiera(シエラ)」、「ALESTA(アレスタ)」、「RECHELLE(リシェル)」などキッチン性能も変わってきますが、どれを選んでも標準仕様で十分の機能を発揮してくれると好評です。

リクシルのアレスタ

出典:リクシル

 

【アイフルホーム】トイレの標準仕様

アイフルホームのトイレも、基本的にLIXIL製のものを標準仕様としています。

リクシルのサティス

出典:LIXIL

掃除がしやすく、手入れが簡単であるため、人気のTOTOシリーズにも負けず劣らずの性能です。

代表的な性能は、アクアセラミックです。

便器の黒ずみリング、水垢などがつきにくい素材を使用し、水を流すだけでも洗浄効果があるため、普段の掃除も簡単に済みます。

また、お掃除リフトアップという、従来のトイレでは拭き取りできなかった部分も掃除できるようになり、トイレをより清潔に保つことができるようになりました。

実際、LIXIL製のものはシェア率が業界2位の実績を誇り、不満を持つ人はほとんどいません。

 

【アイフルホーム】お風呂の標準仕様

こちらもLIXIL製が標準仕様です。

スパージュ(SPAGE)

出典:LIXIL

LIXILのユニットバスは、トイレ同様、掃除のしやすさが重視された設計になっています。

洗い場の床は特殊加工が施されており、冬は暖かく床でヒヤッとすることもありません。

また、皮脂汚れなども掃除しやすい材質を採用しているため、掃除がとても楽です。

さらに「くるりんぽい排水口」はLIXILが特許を取得した製品で、掃除で一番嫌がられる排水部分でも、簡単に手入れができるようになりました。

水流のおかげで汚れもつきにくく、ぬめりも自然と防げます。

子供へのお手伝いにお風呂掃除をさせやすくなったという声がありました。

 

【アイフルホーム】洗面台の標準仕様

アイフルホームはLIXIL製の洗面台を中心に標準仕様としています。

LIXILはもともと、陶器メーカーでした。そのため、水回りは得意分野でもあります。

使い勝手が良いのはもちろん、デザイン性や手入れのしやすさも考えて作られています。

 

特に代表的な機能は、エコハンドルです。

従来のハンドルは、ハンドルが正面を向いているとお湯と水の混合、左右に動かすことでお湯や冷たい水が出せる仕様になっていました。

しかし、LIXILが開発したエコハンドルは、中央を向いているときは冷たい水で、お湯側にひねると「カチッ」という音を合図にお湯が出る仕組みとなっています。

無駄にお湯を出す必要がなく、給湯に必要なエネルギーを30%もカットできるため、ガス代、水道代合わせて年間1000円~5000円まで節水できた人もいます。

 

【アイフルホーム】空調の標準仕様

アイフルホームでは、24時間換気システムを標準仕様として採用しています。

第一種ダクト式熱交換換気システムと言い、1年を通して綺麗な空気を循環し続け、快適で健康な暮らしを実現します。

ダクトは天井裏に設置するので目立ちにくく、熱交換で冷暖房の熱ロスも防ぎます。

 

また、アイフルホームの家は断熱性も高く、気密性も抜群であるため、全館空調との相性もいいです。

アイフルホームの全館空調、24時間換気システムを搭載して家を建て、真夏や真冬にエアコンを使っても、そこまで電気代がかからなかったと好評です。

 

【アイフルホーム】玄関の標準仕様

LIXILのジエスタシリーズは、多くのハウスメーカーで扱っているほど人気です。

ジエスタシリーズは天然木の持つ温かみを感じることができ、さらに本物の無垢材で作られているかのようなデザインが特徴です。

実際、無垢材は日常生活を送る場にはあまり採用されにくいのですが、デザインを好む人が多いため、それに似ているジエスタが人気の理由です。

 

アイフルホームでは、通常の玄関ドアとなっています。

通電してカードキーなどで使いたい場合はオプション料金がかかります。

電化製品化への不安や停電時のことを考えて、そのまま仕様変更しない人もいます。

玄関ドアは重すぎず軽すぎず、適度な重さで、子供でも比較的開閉しやすいのが特徴です。

 

【アイフルホーム】標準仕様のまとめ

アイフルホームの標準仕様

アイフルホームは、標準仕様でも十分な安全性、耐久性、快適性を実現しています。

もちろん、オプションで付け加えることでより一層快適にはなりますが、標準仕様で満足している人はたくさんいます。

長持ちする工夫を凝らした構造になっているので、ローコストで家を建て、その後のランニングコストも節約できる仕組みになっています。

これだけ標準仕様が整っており、安く家を建てることができるため、顧客満足度も高いです。

(2022年現在)

 

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-アイフルホーム, ハウスメーカーの評判
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.