タマホームの坪単価を紹介

タマホーム ハウスメーカーの評判

タマホームの坪単価・価格相場を商品別に紹介♪30坪・標準装備で1000万円台で家が建つ!

ローコストな住宅を建てられるハウスメーカーとして人気のタマホームは、1998年に創業したハウスメーカーで、安い価格で高品質の住宅を提供することをコンセプトとしています。

ローコストな住宅と言えばタマホームと言われるほど、他のハウスメーカーと比較して圧倒的な低価格での住宅提供が魅力です。

坪単価は40万円以下になることも多く、満足度の高い住宅を予算内で建てたい人には一押しのハウスメーカーではないでしょうか。

ここがすごい
タマホームの家はここがすごい!
低価格な注文住宅の代表格!タマホームの住宅はここがすごい!

若い世代に人気のタマホーム 出典:https://www.tamahome.jp/20dainotamahome/ ローコスト住宅を手がけるハウスメーカーのなかでも、人気が高いタマホーム。 特に20~ ...

続きを見る

タマホームの注文住宅の坪単価・価格相場はどのぐらい?他のハウスメーカーより安い?

タマホームHP

出典:https://www.tamahome.jp/products/

タマホームではたくさんのシリーズがラインナップされていて、それぞれ坪単価は異なります。

タマホームの坪単価は35万円~80万円程度となっていて、他のハウスメーカーと比較するととてもリーズナブルと言えるでしょう。

ポイント

タマホームの坪単価の目安は、35万円~80万円程度

価格相場として、一般的な2階建て3LDKの家なら、延べ床面積が30坪(約99m2)くらいなので1,050万円~2,400万円で家が建つことになります♪

20坪程度の住宅なら1,000万円以下で建てることも可能です。

タマホームで住宅を建てる人の平均は30坪前後となりますが、40坪でも1400万円~3200万円程度で、とてもリーズナブルです。

以前ではタマホームの坪単価が他のハウスメーカーと比較して圧倒的な安さでしたが、現在では他にもローコストメーカーが登場しています。

それでも、タマホームは最安値で住宅を建てたい人に人気のハウスメーカーです。

タマホームの坪単価・価格相場を商品別に紹介!

タマホームでは、どんな風に住みたいのか、どんな設備が欲しいのかなど、住む人の希望やニーズに合わせてたくさんのシリーズがラインナップされています。

それぞれ標準装備されている設備が異なるため、坪単価も変わります。

タマホームのベストセラー「大安心の家」の坪単価はどのぐらい?

タマホームの中でも主力商品として人気の大安心の家は、坪単価が35万円~45万円程度とリーズナブルです。

プランによっては坪単価が30万円というものもあるので、予算の範囲内で満足度が高い家を建てたい人にとっては、ぜひおすすめのシリーズです。

大安心の家シリーズは、長期優良住宅に対応しているのが特徴で、オール電化が標準装備となっています。

住む人が選べる設備が多く、外壁や屋根材、玄関のドアなどはたくさんの選択肢がラインナップされているので、住む人が自分らしさや好みで選べます。

機能性を生かしたプランが多く、ライフステージが変わっても住みやすい住宅ばかりです。

ハイグレードな家「大安心の家 PREMIUM」の坪単価はどのぐらい?

大安心の家PREMIUMは、大安心の家シリーズをグレードアップさせたシリーズで、坪単価は45万円~55万円程度と若干高めとなります。

高性能な設備やスペックが充実していて、外観や窓サッシなどはラグジュアリー感の高いものをチョイスしているのが特徴です。

大安心の家PREMIUMしりーずでは、開放感のある生活空間をコンセプトとしていて、実際よりも部屋を広く感じることができます。

窓はハイ&ワイドスペックを採用するとともに、夏は光が入りにくく、冬は採光しやすい設計にするなど、見た目と機能性をどちらもハイレベルに実現しているシリーズです。

IHコンロやエコキュートのオール電化が標準装備となっている他、大きな家具や荷物の出し入れに便利な親子ドアも標準装備でついています。

低コストでこだわりを詰め込める家「木麗な家」の坪単価はどのぐらい?

木麗な家シリーズは、低予算でも住む人のこだわりをしっかりと詰め込むことができる自由設計のシリーズです。

木麗な家シリーズの坪単価は40万円から45万円程度でリーズナブルですが、住む人全員からしっかりとヒアリングをした上で、周辺環境も考慮しながらプラン設計ができるという点が特徴です。

設備は、標準装備はできるだけシンプルにおさえながらも、オール電化システムを採用できるなど、住む人に希望に合わせてオプションという形でカスタマイズすることが可能です。

ただし、IHクッキングやエコキュートは標準装備でついていたり、浴槽のパネルカラーを自由に選べるなど、ローコストでも満足度の高い住宅を建てることができます。

二世帯住宅や3階建てならおすすめな家「木望の家」の坪単価はどのぐらい?

タマホームの木望の家シリーズは、3階建てのプランが充実したシリーズです。

部屋数を多く確保したい人に加え、二世帯住宅として使いたい人にもおすすめのシリーズとなっています。

木望の家シリーズ坪単価は40万円~80万円程度と幅があり、どんなスペックにするかによって大きく異なります。

しかし、住む人のニーズに合わせてカスタマイズしやすいという点が魅力で、例えば1階部分をビルトインガレージにすることもできれば、1階部分に寝室を設置することも可能です。

また、3階部分にルーフバルコニーやバルコニーを設置したり、中心部分に吹き抜けの空間を作ることもできます。

プランはたくさんラインナップされていますが、住む人からの提案を反映しやすいシリーズとなっています。

開放的な平屋で暮らしたい人のおすすめな家「GALLERIART(ガレリア―ト)」の坪単価は?

タマホームの中でも平屋プランが充実しているシリーズが、GALLERIART(ガレリアート)です。

ワンフロアなので動線に無駄がなく、住む人が快適に暮らせるという点で人気が高いシリーズですが、タマホームのガレリアートシリーズには、ビルトインガレージが標準装備でついているという特徴があります。

平屋住宅とガレージのコラボは人気が高いので、ビルトインガレージが欲しいという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ガレリアートシリーズ坪単価は50万円~70万円程度で、ほかのシリーズと比較すると若干高めです。

しかし、ビルトインガレージのセキュリティ設備が標準装備になっている他、お洒落な外観や雨で汚れが自動洗浄される外壁など、機能面のスペックがとても優秀なので、決して高すぎる坪単価ではないでしょう。

屋上庭園が魅力な家「グリーンエコの家」の坪単価はどれぐらい?

都市部の住宅では、駐車場のスペースを確保すると、どうしても自然やガーデニングを楽しむスペースを確保することは難しくなってしまうものです。

しかしタマホームのグリーンエコの家なら、屋上スペースを庭園として利用できるので、生活空間がぐんと広がります。

屋上庭園が標準装備となっているグリーンエコの家シリーズ坪単価は40万円程度となります

他のシリーズと比較すると平均的な単価なので、ガーデニングが好きな人や、プライベートな空間で自然を満喫したい人には、ぜひおすすめのシリーズです。

ただし、屋上庭園は、重たいガーデニングアイテムを自分で屋上まで運ばなければいけないというデメリットがあるほか、強風の時などには自身で対策をしなければいけないため、事前にシッカリプランニングした上で選ぶことをおすすめします。

ラグジュアリーな和風スタイルの家「和美彩」の坪単価はどのぐらい?

タマホームの和美彩シリーズは、人気シリーズである大安心の家を和風にしたスタイルが特徴で、自由設計なので住む人の希望や夢をかなえることが可能です。

ローコストが魅力のタマホームの中でも、和美彩シリーズ坪単価は45万円~70万円程度と比較的高めのシリーズです。

このシリーズは大安心シリーズをベースとしているため、オール電化は標準装備で搭載されています。

耐震に優れたベタ基礎工法が採用されていたり、長期優良住宅にも対応しているなど、長く安心して暮らせるスペックや設備があちこちに装備されているのが特徴です。

国産材を100%仕様するとともに、天井やフロア、階段などには調湿性能に優れている国産のヒノキ無垢材が使われているなど、素材のレベルで住まいの快適さに貢献しています。

若い年代に人気の家「大安心の家・大地」の坪単価はどのぐらい?

タマホームの中でも、若い世代に人気なのは、坪単価が30万円~とリーズナブルな大安心の家大地シリーズです。

これは安心から生まれるゆとりのある暮らしの中で幸せを育めるような家をコンセプトとしていて、若い世代に好まれるスタイリッシュでオシャレな外観が魅力のシリーズです。

便利な機能や設備をオプションで付けると坪単価は高くなるものの、ベーシックにマイホームをスタートしたい人におすすめです。

タマホームの平屋住宅の坪単価・価格相場は?

タマホームの平屋シリーズにはガレリアートがありますが、ビルトインガレージが必要ないという人なら、他のシリーズの平屋プランを選ぶことができます。

ローコストで住宅を建てやすいことで人気のタマホームでは、平屋をリクエストする人は少なくありません。

ガレリアートシリーズでは坪単価は55万円程度と高めですが、大安心の家シリーズの平屋プランなら、坪単価は40万円程度でリーズナブルです。

タマホームの平屋シリーズは、高齢者の世帯としても人気があります。

天井部分を広々と確保できるのでオープンな生活空間を作ることができる他、バリアフリー仕様にすれば、車椅子での生活にも便利です。

オプションでエコキュートやLED照明などを装備すれば、光熱費の節約にもつながるでしょう。

タマホームの二世帯住宅の坪単価・価格相場は?

二世帯住宅と言ってもスペックは多種多様です。

トイレやキッチン、お風呂や玄関、収納などは共有にするのか別々にするのかによっても坪単価は異なりますし、さまざまな設備の中でも特に坪単価が高いお風呂を1つにするのか2つにするのかによっても、坪単価に大きな影響を与えます。

できるだけ低予算で二世帯住宅を建てるなら、完全に分ける部分を減らすことを検討するというのもアイデアです。

二世帯住宅の坪単価はスペックによって異なるものの、リーズナブルに建てるなら坪単価40万円も可能です。

いろいろカスタマイズをすると、坪単価が80万円となってしまうことはあるものの、他のハウスメーカーと比較すると、使い勝手が良いハイスペックな二世帯住宅でも、リーズナブルに建てられるという点が魅力です。

「20代のタマホーム」について

20代は誰でも年収はそれほど高くはありません。

その上、育児などで出費が多いため、マイホームの購入をあきらめている人も多いのではないでしょうか。

頭金がなくても月々5~6万円台で注文住宅が建てられますので、アパートを借りて毎月家賃を支払うのはもったいないものです。

タマホームなら20代で年収400万円でも十分に満足できる住宅を購入出来ます。

住宅ローンで家賃よりも安い金額で広くてプライバシー重視の生活空間を手に入れることができるハウスメーカーなら、たくさんの20代が利用しているタマホームがおすすめです。


タマホームで住宅を購入した20代の大半は、賃貸の頃と毎月の支払金額が変わらないという統計もあるほど!
タマホームならリーズナブルにマイホームを手に入れることが可能と言えるでしょう♪

タマホームなら900万円台で新築!「シフクのいえ13」の特徴と坪単価

基本的な設備を充実させながらもシンプルでローコストな住宅が欲しいという人におすすめなのが、シフクのいえ13シリーズです。

コンパクトながらも快適でローコストな生活をしたい人を始め、敷地内に子世帯の住宅を建てたい人にも人気があるシリーズです。

複数のプランがラインナップされていて、住む人のニーズや希望に合わせて選べるほか、外壁や玄関ドア、サッシの色なも標準装備で選べます。

シフクのいえ13シリーズは、数量限定発売となっているのが特徴で、坪単価はタマホームが取り扱うほかのどのシリーズよりもリーズナブルな29万円程度が目安となります。

コンパクトなサイズのプランが多いのですが、60坪プランもあり、住む人のニーズに合わせて選べます。

タマホームの坪単価まとめ

ローコストなハウスメーカーと言えば、以前ではタマホームがダントツの知名度を持っていましたが、近年では他にもローコストなハウスメーカーが増えているため、タマホーム以外にも選択肢が増えています。

しかし、坪単価と装備されている設備を比較すると、やはりタマホームの坪単価と設備の充実度は圧倒的に優秀ではないでしょうか。

タマホームに限ったことではありませんが、ハウスメーカーの坪単価は建物本体の価格における単価を計算したもので、外構工事や屋外の給排水工事などについては別途料金がかかることになります。

そのため、坪単価を比較する際には、建設費用全体の坪単価なのか、それとも建物部分だけの坪単価なのかを理解した上で比較することが大切です。

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2020年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-タマホーム, ハウスメーカーの評判
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2020 All Rights Reserved.