クレバリーホームの坪単価を紹介!

クレバリーホーム ハウスメーカーの評判

クレバリーホームの坪単価を商品別に紹介♪2020年の最新価格相場を調べてみよう!

クレバリーホームは、他の大手ハウスメーカー同様にフランチャイズ展開をしているハウスメーカーで、全国どこに住んでいてもローコストで住宅を建てることが可能です。

独自開発したプレミアム・ハイブリッド工法を採用しているのが特徴で、他のハウスメーカーの住宅と比較してもラグジュアリーな雰囲気のある外観が標準装備となっています。

住む人の期待に応える家づくりをコンセプトとしていて、充実したハイグレードな設備をリーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。

ここがスゴイ
クレバリーホームの家はここがすごい!
クレバリーホームの家はここがすごい♪1,000万円台でもの外壁タイルの家が可能!

  クレバリーホームの特徴とは 出典:https://www.cleverlyhome.com/ FC制度で地元工務店の強みを生かしたサービスを提供! 『クレバリーホーム』は、『ウィーザース ...

続きを見る

クレバリーホームの注文住宅の坪単価・価格相場は?

クレバリーホームHP

出典:https://www.cleverlyhome.com/

クレバリーホームからはたくさんのシリーズがラインナップされていますが、平均すると坪単価は30万円~50万円程度が目安となります。

ポイント

クレバリーホームの坪単価の目安は、30万円~50万円程度

価格相場として、一般的な2階建て3LDKの家なら、延べ床面積が30坪(約99m2)くらいなので900万円~1,500万円で家が建つことになります♪

これは他のハウスメーカーと比較してもかなりリーズナブルなので、低予算でしっかり設備が充実した住宅を建てたいという人には、ぜひおすすめです。

この坪単価には外構工事などの費用が含まれていないため、総建築費用は少し高めとなりますが、それでも坪単価は45万円~65万円程度となります。

クレバリーホームの商品別に坪単価や特徴を紹介

クレバリーホームでは、たくさんのシリーズをラインナップしています。

クレバリーホームが独自に開発したプレミアム・ハイブリッド工法や外壁タイルなどは、すべてのシリーズで標準装備となっていますが、シリーズごとに雰囲気やスタイル、採用する建材や設備の種類やグレードが異なります。

クレバリーホームの中では最高グレード「Vシリーズ」の坪単価

Vシリーズは、クレバリーホームの中では最高グレードのシリーズで、坪単価は50万円~60万円程度です。

一つ一つの建材にハイグレードなものを採用していて、装備されている設備もハイスペックなものが充実しているのが特徴です。

使い勝手や機能という点だけでなく、見た目の美しさも重視しているため、キッチンはインテリアのようにも見えるほどスッキリ洗練された美しいデザインとなっていますし、外観のデザインも端正で優雅な雰囲気を演出しています。

Vシリーズでは、開放感のある生活空間の中で、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすことができたり、天然素材の雰囲気を楽しむこともできます。

災害対策にも万全の備えとなっているため、坪単価が少し割高でも十分に納得できるシリーズです。

高品質でも低コストが魅力「CXシリーズ」の坪単価

クレバリーホームからラインナップされているシリーズの中でも、外壁に使われているタイルの美しさを重視したのが、このCXシリーズです。

CXシリーズ坪単価は30万円から40万円程度で、他のハウスメーカーと比較してもとてもリーズナブルですが、低コストでも品質の面で妥協をしていないのが、クレバリーホームのCXシリーズなのです

CXシリーズは基本的には自由設計なので、住む人の希望やニーズ、そして夢をかなえることができます。

住宅は住む人によって、何を重視したいのかが異なるものです。

CXシリーズでは、家事を楽にしたい人から子供との時間を大切にしたい人、リラックスできる空間が欲しい人まで、幅広い夢や希望をかなえてくれます。

開放感を重視したい人におすすめ「RXシリーズ」の坪単価

クレバリーホームからラインナップされているシリーズの中でも、RXシリーズは開放感を重視したプランが充実しています。

RXシリーズ坪単価は40万円から50万円程度で、クレバリーホームの中では平均的な坪単価となりますが、室内空間のいたるところにゆったりと開放感を感じることができるため、ラグジュアリーな気分に浸ることができます。

RXシリーズでは、天井は2.6メートルと高く、窓サッシも2.4メートルとたっぷりサイズとなっています。

ドアも2.4メートルあるため、閉塞感や圧迫感を感じることがありません。

また、高気密・高断熱のスペックで光熱費の大幅な節約ができたり、耐震構造なので大きな安心感もあるでしょう。

平屋住宅で人気の「Granshare (グランシェア)」の坪単価

クレバリーホームで平屋を建てたい人におすすめなのが、Granshare(グランシェア)シリーズです。

他のハウスメーカーで建てる平屋と比較すると、クレバリーホームは平屋住宅が持つ使い勝手や快適さを最大限に広げた家づくりをしているという点が特徴です。

住む人の希望やニーズに合わせて自由設計プランなので、満足度が高い住宅づくりができます。

センターリビングや家事楽動線、屋根の購買を有効活用した+αの空間づくりなど、Granshare(グランシェア)では生活空間を有効活用することで、快適な空間を作り出すプランが充実しています。

外観も雰囲気が異なる4種類がラインナップされているので、好みに合わせて選べます。

クレバリーホームのGranshare(グランシェア)坪単価は40万円~50万円程度で、他のハウスメーカーの平屋と比べると、比較的リーズナブルな坪単価となっています。

愛犬家ならぜひチェックしたい「inumo(イヌモ)」の坪単価

イヌモシリーズは、住宅に住む人はもちろん、ペットにとっても住みやすい住宅をコンセプトにしていて、ペット共生住宅として人気があります。

犬を危険から守ると同時に、役割ごとにエリア区分をするなど、スペース配分が配慮されている他、リビングとは仕切られたお留守番用のドッグスペースを始め、屋外でもお湯が出るドッグスペース手洗い場などが設置されていたり、外出中のペットを見守ることができるカメラが標準装備されているのが特徴です。

イヌモシリーズの坪単価は、クレバリーホームの中では平均的な40万円~50万円程度となっています。

標準装備で自動洗浄機能が付いた外壁タイルがついていて住宅のメンテナンスにかかるコストを節約できるなど、ペットがいない家庭にとっても使い勝手が良い設備が充実しています。

自分らしさを住宅で表現できる「クレバコ」の坪単価

他のシリーズと比較すると「箱を自由に組み合わせることで住宅を作る」という斬新なコンセプトを持つクレバコは、住む人のニーズや希望をピンポイントで叶えることができるシリーズです。

このシリーズでは、事前に90種類の箱が準備されていて、リビングやキッチンを始め、土間やガレージ、吹き抜けなどが充実しています。

住む人は、そうした箱を自由に組み合わせることで世界に一つしかない自分好みの家を組み立てることができます。

クレバコでは、外観のカラーも住む人が自由に決めることができます。

24色の外壁タイルを自由に組み合わせることができ、モダンスタイルや和風スタイル、洋風スタイルを作り出せます。

気になるクレバコの坪単価は、30万円~50万円程度となっています。

どんな箱をどんな風に組み合わせるかによって異なりますが、他のハウスメーカーと比べるとリーズナブルな坪単価になることが多いようです。

主婦目線で考えられた家「shufule(シュフレ)」の坪単価

クレバリーホームの主婦目線の住宅として人気のShufule(シュフレ)は、日常生活の中で家事をしながら家族の団らんが生まれるような動線や間取りの配慮をしているのが特徴のシリーズです。

サニタリーからクローゼットまで、水周りの動線を2階に配置したり、洗濯物を洗ってから片付けるまでの動線の効率化をアップしたプランが充実しています。

さらに、収納場所がたっぷり確保されているので、家の中をスッキリ見せることができます。

シュフレの坪単価は47万円程度が目安で、住宅を建てる際にかかるコストは1500万円未満のプランが人気となっています。

リーズナブルなコストて満足度が高い住宅を建てたい人なら、ぜひ検討したいシリーズではないでしょうか。

断熱性で住宅を選びたい人におすすめ「ENELITE(エネリート)」の坪単価

クレバリーホームの中でも最高レベルの高断熱性を持つのが、ENELITE(エネリート)シリーズです。

住宅の断熱性は、ヒートショックを予防して健康的な生活が送れることに加え、光熱費の節約にもつながります。

ENELITE(エネリート)では、北海道の基準を上回るUA値の高断熱性を持ち、少ない光熱費で全棟を快適な空間に維持できます。

ENELITE(エネリート)の坪単価は45万円~で、この坪単価で高い断熱性や気密性を手に入れることができるのですから、とてもお得です。

標準装備されている設備はハイスペックなものが多く、天井部分には300mmのブロークイン断熱材が採用されていたり、窓ガラスはLowEタイプのトリプルガラス樹脂サッシが使われるなど、徹底した断熱スペックとなっているのが特徴です。

おそうじ上手な家「KiRaRa(キララ)」の坪単価

共稼ぎ家庭をサポートする設備が充実しているクレバリーホームのKiRaRa(キララ)では、普段のお掃除の手間を徹底的に省いてくれる楽々メンテな設備が充実しています。

外壁には、雨で汚れが落ちるタイルをしようしていたり、キッチンでは食器洗浄機や自動洗浄機能が付いた換気扇が標準装備されていて、家事に時間を使いたくない人にとっては嬉しいスペックとなっています。

KiRARa(キララ)の坪単価は45万円~55万円程度で、他のシリーズと比較すると若干高めとなります。

しかし、装備されている設備を後から設置しようとした場合にかかるコストと比較すると、リーズナブルな単価で装備されているので、決して高すぎる坪単価ではないでしょう。

無駄を省いて徹底したシンプルさが魅力「SuFiT's(スフィッツ)」の坪単価

クレバリーホームのSuFiT’s(スフィッツ)シリーズは、過剰な設備を徹底的に省き、シンプルさを重視したスペックのシリーズです。

スフィッツシリーズは出来るだけ低予算で住宅を建てたい人におすすめのシリーズで、坪単価はクレバリーホームの中ではリーズナブルな35万円~45万円程度が目安となります。

シンプルさ重視しているため、他のシリーズでは標準装備されている設備が搭載されていないことは多いのですが、日当たりの良い窓際に部屋干しができるSoraieを配置していたり、ブルックリンランドリールという収納タイプの物干しベルトを標準装備するなど、共働き家庭をサポートする設備が充実しています。

クレバリーホームの二世帯住宅「円居(まどい)」の坪単価

クレバリーホームで二世帯住宅を建てたいなら、円居(まどい)シリーズがおすすめです。

二世帯住宅と言ってもいろいろなタイプやスタイルがあり、家庭によってどんな暮らしをしたいかによって、ピッタリの間取りやスペックは異なります。

クレバリーホームでは、それぞれの家族のニーズや希望を取り入れた自由設計なので、満足度が高い二世帯住宅を建てることが可能です。

クレバリーホームの円居(まどい)シリーズ坪単価は50万円~と他のシリーズと比較して高めとなりますが、建物の荷重によって面を支えるベタ基礎と採用していて耐震性はバツグンで、揺れにも横揺れにも対応できるので、安心して暮らせます。

クレバリーホームの3階建ての住宅「LXシリーズ」の坪単価

狭小の土地や、部屋数をたくさん作りたいという人なら、クレバリーホームの3階建て住宅シリーズLXシリーズがおすすめです。

クレバリーホームのLXシリーズは、限られた土地を徹底的に有効活用できるスペース設計を重点にしたシリーズで、10cmの隙間も無駄にしない点が人気です。

基本的には自由設計ですが、3,4,5階建て住宅に精通した建築デザイナーがプランニングをサポートしてくれるため、満足度の高い住宅づくりができます。

クレバリーホームのLXシリーズの坪単価は40万円~55万円程度が目安となりますが、他のハウスメーカーで3階建て住宅を建てる場合と比較すると、この坪単価はとてもリーズナブルです。

エコハウスなら「SMART EVERY ZERO(スマートエブリ・ゼロ)」の坪単価

クレバリーホームの中でも最もハイスペックなエコハウスなら、ZEH仕様の基準をはるかに超えるハイスペックなスマートエブリ・ゼロシリーズがおすすめです。

このシリーズは、太陽光発電設備を標準装備しているのが特徴で、壁や天井、床、窓などに高気密・高断熱のハイグレードな設備を搭載している他、LED照明や高効率のエコキュート、高効率のエアコンや全熱交換換気システムなどエコなシステムが充実しています。

スマートエブリ・ゼロシリーズの坪単価は55万円~65万円で、他のシリーズと比較すると若干高めとなりますが、装備されている設備を考えると、とてもリーズナブルな坪単価と言えます。

クレバリーホームの平屋住宅の坪単価と価格相場

クレバリーホームの平屋住宅は、ユニバーサルデザインを追求しながら、段差を減らして幅広い年齢層が快適に暮らせる安全なスペックとなっているのが特徴です。

ゆとりのある生活空間を作り出すため、1メートル刻みのメーターモジュールを採用し、居住空間を最大限に確保することができます。

平屋住宅は一般的に、屋根の面積や基礎の面積が広くなるため、坪単価は2階建て住宅と比べると高めです。

クレバリーホームの平屋住宅では坪単価が40万円~50万円程度で、他のシリーズや他のハウスメーカーの平屋住宅と比較しても、リーズナブルな坪単価となっています。

クレバリーホームの二世帯住宅の坪単価と価格相場

クレバリーホームの二世帯住宅は円居(まどい)シリーズをはじめ、住む人のニーズや希望を叶えることができる自由設計プランが充実しています。

どこを共有してどこを別にしたいのかという点だけでなく、それぞれの家族が住みやすくストレスを感じない生活空間を作り出すことができます。

クレバリーホームの二世帯住宅は坪単価が50万円~と若干高めですが、標準仕様となっている建材やスペックを見ると、他のハウスメーカーよりもリーズナブルであることが分かります。

また、二世帯住宅の坪単価は、設備や間取りによって大きく変わるため、設備を調整することによって坪単価を低く下げる事ができます。

クレバリーホームの坪単価・価格相場まとめ

クレバリーホームは、他のハウスメーカーと比較すると坪単価という点では平均的ですが、ハイグレードな住宅設備や家電製品を取り扱うメーカーを母体としているため、標準装備されている設備や機能のスペックが優秀だという特徴があります。

基本的には自由設計なので、住む人の希望や夢をかなえやすいという点もまた、人気の理由と言えるでしょう。

広々とした空間を作るのが得意なハウスメーカーなので、オープンな生活空間を作りたい人は、ぜひ検討してみることをおすすめします。

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2020年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-クレバリーホーム, ハウスメーカーの評判
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2020 All Rights Reserved.