土屋ホームの標準仕様

土屋ホーム

土屋ホームの標準仕様(標準装備)や設備を詳しくまとめてみた!

この記事では、公開されている情報をもとに『土屋ホーム』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。

注文住宅を建てようと考えている方にとって、最も重要だといっても過言ではないのが、住宅メーカーです。

住宅メーカーを決めなければ、どのような家を建てるのかも決められません。

方向性が決まらなければ、家づくりを進められず困ります。

住宅メーカーを決定する観点はさまざまですが、標準仕様で判断しようと考えている方もいるでしょう。

そこで今回は、土屋ホームの標準仕様についてまとめました。

土屋ホームは拠点を北海道に置いているため、寒い地域でのマイホーム購入を検討している方には特におすすめです。

 

【土屋ホーム】構造・工法の標準仕様

BES-T構法が標準仕様

土屋ホームでは、標準仕様として「BES-T構法」が用いられています。

BES-Tというのは、高齢者対応の「Barrier free」、耐久性の「Endurance」、省エネの「Save energy」と、科学「Technology」のTが組み合わさった言葉です。

これらのポイントを、徹底的に科学するという思いが込められています。

 

土屋ホームで住宅を建てた方からは、バリアフリーへのこだわりが魅力的だったという評判が寄せられています。

高齢の家族と一緒に住もうと考えている方や、将来のことを考えてバリアフリーにしたい方には特におすすめです。

 

BES-T構法では、工場で部材を切ってから現場に運ぶ方式がとられています。

その結果、木材が無駄になることを防いだり、ごみの量を減らしたりすることが可能です。

さらに、すでに切られているためすぐに建築作業を開始できて、職人の稼働時間が短縮されて、結果的にコストカットにもつながっています。

 

さらに、構造躯体などには「エンジニアリングウッド」という集成材が使われています。

一般的な無垢材のおよそ1.5倍の強度を持っており、耐震性を高めています。

加えて制震装置も導入し、土屋ホームの注文住宅は耐震等級において最高ランクである3を取得しているのです。

 

【土屋ホーム】基礎の標準仕様

住宅の基礎は、一般的に「ベタ基礎」と「布基礎」に分れています。

ベタ基礎というのは、格子状の鉄筋を床全体に入れて、コンクリートを打つものです。

広い面積で地面と接するため、その分基礎全体で家を支えられます。

 

一方で布基礎というのは、逆T字型の鉄筋によって強度を増したものです。

帯状の構造になっており、家が沈むことを防ぎます。

 

どちらの基礎が優れている、劣っているということは一概に判断できません。

しかし一般的に、木造の家と好相性なのはベタ基礎だといわれています。

べた基礎

土屋ホームの基礎の標準仕様は、「ベタ基礎」です。

土屋ホームでは、基礎が一体化されて箱形になっているものを使用しています。

強度の高い鉄筋が使用されているため、引っ張られる力に対する耐久性があります。

また、厚いコンクリートによって鉄筋が腐ることを防止します。

 

さらに、土台にはコンクリートと鉄筋を組み合わせた構造を採用。

従来のものと比べて1.2倍の厚さの土台と、16mmの太さがある土屋ホームオリジナルのアンカーボルトが使用されています。

一般的なアンカーボルトは12mmなので、土屋ホームで用いられているものが太いことが分かるでしょう。

 

以上のような特徴を持つ土台が、場所によって沈み方が異なることを防止し、家の重さをしっかりと支えます。

建築基準法で決められている最大強度の、およそ1.6倍の強度を誇っているため、安心して暮らせるでしょう。

 

なお、住宅の設計前には地盤調査を実施しています。

補強が必要な部分には改良工事などを施して、基礎設計から強靱な家造りを行っています。

 

実際に、コンクリートと鉄筋の組み合わせによる、耐久性の高い標準仕様は評判です。

基礎と土台の両方がしっかりとしているため、安心して暮らせるでしょう。

 

【土屋ホーム】断熱の標準仕様

土屋ホームの外断熱工法

土屋ホームが標準仕様として採用しているのは、「外断熱工法」です。

断熱材に多くの制約がある外断熱工法は、コストがかかるためあまり用いられていません。

土屋ホームでは「SEベストボード」という独自で開発した断熱材を採用しているためコストを抑えて実現できます。

SEベストボードは、一般的な断熱材のグラスウールと比較すると、およそ1.4倍の性能を持っています。

水密性にも優れており、湿気に対する耐久性が高いです。

 

土屋ホームは本社を北海道に置く会社なので、特に断熱性能への強いこだわりがあることが分かります。

北海道や東北地方といった寒いエリアでの家造りの経験やノウハウを持っており、信頼性が高いといえるでしょう。

 

基礎断熱と外断熱の両方の効果で、冬は暖かく夏は涼しい住まいを実現できます。

次世代省エネ基準値はもちろんクリアしており、エコを重視したい方に適しています。

そもそも暖かさや涼しさが持続しやすい家だからこそ、冷暖房器具を選びません。

エアコンや全館空調、床暖房などの設備にこだわりがある場合は、ライフスタイルに合わせて最適な設備を選択できます。

土屋ホームの断熱仕様の評判

土屋ホームで家を建てた方からは、断熱性能の良さに感動したという評判を得ています。

寝る前に暖房を止めても、起きたときの室温がそれほど変わっていなかったという体験をした方がいるようです。

土屋ホームで家を建ててから、冬に寒いと感じたことがない、エアコンをほぼ使わないという評価も見受けられます。

 

【土屋ホーム】窓の標準仕様

窓の標準仕様は、「高断熱複層ガラス」

土屋ホームの窓の標準仕様は、「高断熱複層ガラス」です。

高断熱複層ガラスとは、ペアガラスに特殊なコーティングを施したものです。

日光はほどよく取り込みつつ、室温は一定に保ちます。

内側のコーディングによって、紫外線をおよそ70%カットしてくれるため、日焼けが気になる季節でも安心です。

遮音性も高いため、外からの音を気にせず快適に生活できるでしょう。

また、家の中の音が外に漏れることも抑制します。

実際に、気密性が良くて外からの音が気にならないという声が寄せられています。

 

サッシの標準仕様は、「樹脂サッシ」

サッシの標準仕様は、「樹脂サッシ」です。

アルミと比べておよそ1/1000という優れた熱伝導率によって、結露を軽減できるという魅力もあります。

多くの住宅メーカーでは樹脂サッシはオプションですが、土屋ホームでは標準仕様なので、窓にこだわりたい方におすすめです。

 

実際に、真冬でも結露ができないという評判を得ています。

近所の人は結露がひどいと言っているけれど、土屋ホームで建てた家の結露がほとんどないという意見も見受けられました。

朝晩が冷えやすい地域でも快適に過ごせるでしょう。

 

ちなみに、オプションとしてトリプルサッシを選択することもできます。

窓は断熱性能において非常に重要なポイントなので、さらなる断熱性を求める方は、検討してみてください。

 

【土屋ホーム】外壁の標準仕様

土屋ホームには、「カーディナルハウス」という注文住宅があります。

カーディナルハウスでは、いろいろなデザインの家を建てることができます。

外壁の色や素材はさまざまなので、希望に沿った住宅を建てられるでしょう。

ただし、モデルルームの外観を参考にしている方は、注意が必要です。

標準仕様の外壁だけでは、モデルルームのようにはならない可能性が高いため、オプション料金について確認しておきましょう。

 

なお、土屋ホームで用いられている外壁は、主に「光触媒サイディング外壁」と「樹脂サイディング」です。

光触媒サイディング外壁

光触媒サイディング外壁は、光触媒によって太陽光で汚れを分解します。

そして、分解された汚れは雨によって流されるという特徴を持っています。

結果的に、メンテナンスを頻繁に行う必要がなくなり、コストパフォーマンスに優れた外壁です。

樹脂サイディング

樹脂サイディングは、樹脂製で塗装やコーキングなどが要らないため基本的にはメンテナンスフリーです。

汚れが落ちやすいので、気軽に手入れできます。コーキングの劣化が原因での張り替えも必要ありません。

また、冷害に対する耐久性を持っており、寒い地域でも安心して採用できます。

さらに、長期の保証がついていることに対する高評価を集めています。

 

【土屋ホーム】空調の標準仕様

土屋ホームは、標準仕様として「24時間計画換気システム」を導入しています。

室内の空気は外へと排出し、きれいな空気を室内に取り入れているため、いつも新鮮な空気の中で生活できます。

計画的に換気を行っているおかげで、気密性が高くても結露が発生しません。

湿気が溜まりにくいため、カビが生えることも防止してくれます。

 

外から取り入れる空気は熱交換によって暖められているため、室温への影響はありません。

寒い冬や暑い夏でも、窓を開けずに快適な室温のままで換気できるのです。

空気の入れ換えを重視する方にとっては、とても嬉しいポイントだといえます。

 

また、床下も換気されており、よどんだ空気や湿気がこもることを抑えます。

シロアリなどの害虫による被害を防ぐことができるでしょう。

家の構造を長持ちさせるためには、床下の環境が非常に大切なので、重視することをおすすめします。

床下がクリーンな状態であれば、床下収納も安心して利用できます。

 

【土屋ホーム】床の標準仕様

土屋ホームの2階の床には、標準仕様として防音・遮音マットが敷かれます。

6mmの厚さがあり、2階からの足音や物音が緩和されるため、生活音を気にせずに過ごせて快適です。

 

【土屋ホーム】玄関の標準仕様

土屋ホームで注文住宅を建てた場合、玄関ドアの標準仕様はシンプルやナチュラル、エレガントやシックの中から選択できます。

種類やカラーはさまざまなので、外観に合うデザインのドアを選びましょう。

ただし、地域によって標準仕様の性能が異なる可能性があるため、詳しく知りたい方はあらかじめ問い合わせてください。

 

住宅の顔ともいえる玄関は、内装にもこだわりましょう。

たとえば、壁にタイルを使用したり、シューズクローゼットのカラーにこだわったりするのがおすすめです。

 

ドアの開閉によって外からの冷気が入りやすい玄関ですが、基礎断熱工法によって暖房の熱が逃げにくい構造になっています。

そのため、玄関でも暖かく過ごせて、スリッパを履かずに家中を歩けます。

もちろん夏場は、冷房によって冷やされた冷気を外に逃がしません。

 

冬でも家の中が暖かいだけでなく、夏は涼しいという評判を得ているため、快適に生活できるでしょう。

 

【土屋ホーム】まとめ

土屋ホームの標準仕様

土屋ホームは北海道の会社なので、特に標準仕様の断熱性能への信頼性が高いです。

実際に、北海道などの寒い地域に住んでいる方々からの支持を集めており、実績を持っています。

とにかく寒い冬を暖かい家で乗り越えたいと思っている方にぴったりなメーカーだといえるでしょう。

標準仕様の性能でも物足りないと感じる場合は、オプションでさらにグレードアップすることもできます。

 

標準仕様が優れているのは、断熱性能だけではありません。

独自の構法を標準仕様として採用しており、耐久性や耐震性の高い家造りを行っています。

安心して長く住める家が完成するでしょう。

 

なお、標準仕様は今後変更される可能性があるため、より詳しい情報を知りたい場合は直接問い合わせることをおすすめします。

タイミングによってはモデルハウスの見学会や宿泊体験も行っているため、積極的に利用しましょう。標準仕様について、実際に見たり質問したりできます。

 

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2021年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-土屋ホーム
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2021 All Rights Reserved.