ZEH(ゼッチ)の特徴

ローコスト住宅 注文住宅の基本知識

最近話題のZEH(ゼッチ)住宅とは!そのメリットやデメリットを紹介

ZEH住宅の特徴

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅とは、消費するエネルギーを少なくし、またエネルギーを作り出すことで年間のエネルギー消費量の収支をゼロとすることを目標とした住宅のことを指します。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。

基本的な特徴として「断熱性」「省エネ」「創エネ」の3つです。

ZEHの特徴

断熱性」は、住宅の外皮の断熱性を向上させることで夏は涼しく、冬は暖かいという住みやすい家を作ってくれるものです

夏は涼しく、冬は温かいことで冷暖房器具の使用も減り、エネルギー消費を軽減してくれます。

最近は高断熱・高気密住宅など断熱性を強みとしている住宅も少なくありません。

省エネ」は、冷暖房機器・照明機器・給湯機などを省エネ設備にすることで使用するエネルギーを軽減させることを指します。

創エネ」は太陽光発電システムを設置してエネルギーを創り出すことを指します。

ZET住宅は太陽光発電のシステムを活用してエネルギーを創り出す特徴を持っているのです。

創り出したエネルギーは日常の生活に使われて、電力の消費を抑えます。

他にもいざという時のための蓄電として行っている家庭も少なくありません。

地震による震災など、生活基準がガラリと変わってしまうもののために太陽光発電システムを導入する家庭も多いようです。

ZEHイメージ

ココがポイント

ZEH(ゼッチ)とは、「断熱性」「省エネ」「創エネ」で年間のエネルギー消費量の収支をゼロとすることを目標とした住宅

ZEH住宅のメリットとデメリットについて

メリットについて

まずはZEH(ゼッチ)のメリットとして「ランニングコストを抑えられる」というものがあります。

太陽光発電にはさまざまな大きさがあり、それによって蓄電できる電力も異なってくるのです。

大きめの太陽光発電を設置することで、光熱費がかからない、売電収入で利益がでる場合もあるのです。

長く暮らし続ける住宅だからこそ、光熱費だけでも削減することで家計を大きく助けてくれるはずです。

もうひとつのメリットは「ヒートショックを防ぐ」ことができることです。

ヒートショックは浴室や廊下など気温差が激しくなるところで、血圧が急激に変化して心臓に大きな負担をかけてしまうものです。

最悪の状況になると、死に至る場合もあるので決して楽観視はできません。

ZEH住宅は建物全体を一定の温度で保っているのでヒートショックを防ぐことができるのです。

健康に暮らせる家として、ZEH住宅はとてもメリットの多い家と言えるでしょう。

デメリットについて

そして、ZEH住宅のデメリットはイニシャルコストが高くなるところです。

ローコストにしたい人にとって、ZEH住宅はなかなか敷居が高く感じてしまうかもしれません。

メリットが大きいほど、デメリットも大きくなるということなのです。

もうひとつデメリットをあげるなら、しっかりとハウスメーカー選びをしないと、ハウスメーカー自体がZEH住宅に慣れていない場合があります。

慣れていないところに依頼をしてしまうと、良い家が建つとは言えません。

ハウスメーカー選びに関するデメリットがあることも覚えておきましょう。

デメリットもありますが、個人的にはメリットの方が大きいかなと思ったのでZEH住宅を決めました。

ZEH住宅の価格相場

マイホームはある程度年齢を重ねた人の夢の証でした。

しかし、ローコスト住宅の出現により若い世代からマイホームを持つことができるようになったのです。

ローコストと言っても、ハウスメーカーによっては機能性抜群なので一般住宅と遜色はありません。

しかし、ローコストでZEH住宅は可能なのでしょうか?

ZEH住宅を建てようと調べた結果、意外とその費用の高さに驚いた人もいると思います。

ZEH住宅を建てる際には、最低でも100万~150万円の追加費用が必要と言われています。

しかも、これはあくまで目安なのでこれ以上の費用がかかることも珍しくないので考えておきましょう。

坪単価の価格相場としては、安いメーカーは50万円以下のところもありますが、高いメーカーの場合60万円以上することもあるので、契約前にしっかり坪単価の価格相場を聞いておくことをオススメします。

ハウスメーカーによって、価格相場も大きく変わってきます。

同じような設備で桁違いの価格相場の差があるものもあったので驚きました。

ZEH住宅の提供ハウスメーカー製品

ZEH住宅はさまざまなハウスメーカーが参入しています。

こちらでは、どのハウスメーカーが実施しているのか、その特徴と合わせて紹介します。

積水ハウスもZEH住宅のハウスメーカーとして有名です。

グリーンファーストゼロという商品であり、販売価格は同社価格相場の1.2倍くらいと言われています。

補助金をもらいたい、失敗したくない人にオススメのハウスメーカーです。

パナホームもZEH住宅として知名度の高いハウスメーカーです。

健康的で快適な暮らしのゼロエコ住宅のZEH化を進化させた仕様となっています。

一条工務店は標準仕様のZEH住宅を建ててくれる業者です。

毎年1月ごろからZEH住宅の予約を募り、数ヶ月で1年分の予約を終了するほどの人気の高さです。

標準仕様と言っても、ずば抜けた数値を持っているのは一条工務店と言ってもいいでしょう。

ローコストでZEH住宅を検討している人は、実績の豊富なハウスメーカーに相談をしましょう。

ハウスメーカーによってはローコストで建てられない場合もあるので、複数見ておくことが大切です。

私も複数のハウスメーカーを見て、色々な特徴に気づきました。

安くない金額を支払うので、やっぱりこだわった住宅を選びたいものです。

まとめ

ZEH住宅はさまざまなメリットとデメリットが混ざり合ったものです。

ZEH住宅は未来を生きるために工夫された住宅で、家族が笑いあえるものです。

だからこそ、多くの人が求めているのでしょう。

信頼できるハウスメーカーを選んで、自分の望むZEH住宅を建ててください。

これから注文住宅でZEH住宅をご検討の方は必見!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプラン(3LDK,2階建て)の住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプランや見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2020年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-ローコスト住宅, 注文住宅の基本知識
-, ,

Copyright© ローコストな家づくり , 2020 All Rights Reserved.