狭小住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅 注文住宅の基本知識

ローコストでも建てられる!狭小住宅のメリットやデメリットは?

狭小住宅の特徴

狭小地というものを知っていますか?

30坪以下の土地のことを指すのですが、こういった狭い土地に建てた家を狭小住宅と言います。

都会であればあるほど、広い土地を手に入れにくい傾向があります。

狭い土地でもマイホームを建てられないわけではありません。

狭小地であれば、平屋は難しいので2階建て、3階建ての狭小住宅となるでしょう。

狭い土地だからといって諦めず、狭小住宅としてマイホームを持ってみてはいかがでしょうか?

狭小住宅にするメリットとデメリット

こちらでは、狭小住宅のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

まずメリットは、狭い土地でも家を建てられるということです。

家を建てるにはそれなりの土地の広さが必要ですが、狭小住宅は2階建て、3階建てと縦に高くすることで狭小地に建てた住宅というデメリットを感じさせません。

他にも価格相場も比較的安い傾向があるため、費用面での負担も軽減できるのはメリットと言えるでしょう。

もちろん、価格相場だけがメリットではなく固定資産税や都市計画税も安くなるというメリットもあるので、費用面でのメリットに恵まれるのが狭小住宅と言えるのです。

デメリット

デメリット面は土地の費用を抑えることでローコスト住宅になるのですが、狭さが最大のデメリットでしょう。

大きなマイホームに憧れている人にとっては、土地が狭いので広い家を建てることができません。

ローコストは費用が安い分、自由がないという考えを持った方がいいでしょう。

費用が安いローコストはとても魅力的なのですが、我慢しなければいけない部分も多いようです。

広い家ではないといけないという人は狭小住宅にはむいていないかもしれませんね。

他にもデメリットとして、工事が難しいというものがあります。

広い土地であれば、工事用具などの置き場にも困りませんが狭小地であれば工事道具を置く場所にも困ってしまうことがあるのです。

他にも生活動線をしっかり考えないと、暮らしにくい家になってしまうのもデメリットのひとつですね。

狭小住宅の価格相場

狭小地に家を建てる場合の価格相場は比較的安い傾向があります。

ハウスメーカーや土地の場所によって価格相場は変わってくるの、ハウスメーカーに聞きましょう。

一般的に狭小住宅の価格相場は1000万円~2000万円となっています。

比較的ローコストと言えるのではないでしょうか。

狭小という言葉からもわかるように、基本的に狭いので土地費用の価格相場なども比較的安いのが特徴です。

そのため、ファミリーで住むのではなく「おひとりさま」などが建てる傾向があります。

他には、在宅仕事をしている人の仕事場として狭小地に1LDKなどを建てることもあるようです。

狭小住宅の提供ハウスメーカー製品

こちらでは、狭小住宅を取り扱っているハウスメーカーについて紹介します。

狭小地にマイホームを建てたい人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

株式会社ワイビルドは坪単価の価格相場が44万円弱と比較的安めの価格設定になっています。

重量鉄骨を採用していることから、開放的な空間造りにぴったりです。

狭小地だからといって暗い雰囲気ではなく、明るく、そして広く暮らすには最適と言えるでしょう。

へーベルハウスは坪単価の価格相場が80万円前後と言われています。

若干高額なのでローコストとは言いづらいのですが、予算に応じてプランニングをしてくれるだけではなく、住む人に合わせた家造りの提案をしてくれるのでオススメです。

セキスイハイムは坪単価価格相場が65万円~80万円とややふり幅が多い傾向にあります。

60年住むことができる安心長期保証が特徴的で、実際に建てた人からも高い評判を得ています。

ローコスト住宅を目指している人にとっては、やや高額になるケースもあるので注意しましょう。

クレバリーホームも狭小地に建てる住宅に定評のあるハウスメーカーです。

木造軸組を基本としていることから、鉄骨造りほどの自由さがないのが若干デメリットですが、木造特有のやさしくも温かい雰囲気を感じられる家が多いです。

東京など広い土地が入手しにくい場所にとって、狭小地の住宅に高い評価を受けているところは重宝すると言ってもいいでしょう。

サンヨーホームズは坪単価価格相場が55万円~65万円、しかも太陽光発電込みの価格なので、驚きの激安設定となっています。

他のハウスメーカーの相場価格は倍近くだったので、本当に驚きました。

ハウスメーカーによってこんなに価格相場が違うのかと、改めて実感したくらいです。

しかし、その代わりと言ってはなんですが自由度が少ないのも特徴的なハウスメーカーです、

このように、狭小地にマイホームを持ちたい人にとって多くのハウスメーカーが手助けをしてくれます。

この他にもオススメのハウスメーカーがあるので、ぜひ気に入ったところに依頼をしましょう。

ハウスメーカーによって特徴も異なるので、色々と比較するのもいいです。

まとめ

狭い土地だからマイホームは諦めている、という人も中にはいます。

しかし狭小地だからこそ建てられる家もあるのだと考えましょう。

どのような家が建てられるのか、各ハウスメーカーの施工実績を見せてもらうようにしましょう。

その実績によって狭小住宅を得意としているか、そうでないかがわかるはずです。

狭小地は特殊な工事になります。

だからこそ、しっかりと実績豊富なハウスメーカーに依頼することを心がけてください。

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2020年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-ローコスト住宅, 注文住宅の基本知識
-, , ,

Copyright© ローコストな家づくり , 2020 All Rights Reserved.