フィアスホームの最新標準仕様

フィアスホーム

フィアスホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】信頼感と納得の標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!
最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ! 取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!
そうなんだ!! せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!
オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!
え〜!! そんなにお金がかかるの!! しっかり事前に調べる必要があるわね!
だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!
どんなサービスなの?
家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ! そのハウスメーカーからカタログや概算見積もりがもらえるサービスニャ! 無料だから試してみてニャ!
無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

  • 積水ハウスやアキュラホームなど大手ハウスメーカー多数掲載!
  • 最新カタログ資料がもらえる!
  • 希望の間取りの概算見積がもらえる!

※資料を無料でゲットしよう!※

資料請求はコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

 

この記事では、公開されている情報をもとに『フィアスホーム』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。

 

フィアスホームは、LIXIL住宅研究所が運営する住宅のフランチャイズメーカーです。

 

フィアスホームでは、高気密で高断熱の住宅を提供しおり、飽きのこないシンプルなデザインの「アリエッタ」、世界水準の断熱性能を持つ「アリエッタDS」、家族で使えるフリースペールのある「アリエッタVERDEA」、開放的な空間を楽しめる平屋「アリエッタHIRAYA」の他、二世帯住宅の「アリエッタNS」、3階建ての「アリエッタ・イクス」があります。

 

フィアスホームの家では、お風呂やキッチンなど住宅設備には、リクシル(LIXIL)の優れた製品を用意しています。

 

坪単価が近いハウスメーカー

アイフルホームの標準仕様
アイフルホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

タマホームの標準仕様
タマホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

アキュラホームの標準仕様
アキュラホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

 

フィアスホームの坪単価を詳しく紹介!費用相場を確認してみよう!

  この記事では、公開されている情報をもとに『フィアスホーム』の坪単価や家の価格・費用相場についてまとめています。   フィアスホームは、2017年にLIXILグループの住宅部門を ...

続きを見る

 

フィアスホームの平屋住宅事例
フィアスホームで建てた30坪以内の平屋建築事例!和風モダンの平屋住宅

機能と優美が調和した和モダンな平屋住宅の建築事例紹介 今回の物件 フィアスホームで建てた平屋住宅! コンセプトは和モダン、和テイスト! 延床面積86.95㎡ 26.3坪で木造軸組(木造軸組工法+パネル ...

続きを見る

 

 

【フィアスホーム】構造・工法の標準仕様

フィアスホームの住宅は、従来の木造軸組にパネル工法を組み合わせたつくりが標準仕様なっています。

 

従来の木造軸組工法の家は、地震が発生した時に柱や筋かいなどに力が集まってしまうため、建物がねじれやすいという弱点があります。

 

フィアスホームの住宅では、木造軸組にパネル工法を組み合わせているため、床と壁面が一体化しており、地震が発生した時に力が分散されます。

 

また、高品質の構造材を金物接合し、強固な躯体をつくり上げています。

 

フィアスフォームの住宅の躯体は、オリジナルの高性能パネル「粘震+eパネル」で覆われており、一層優れた耐震性を発揮します。

 

地震発生時は、本震だけでなく、余震に対しても対策が必要です。

 

フィアスホームの住宅は、その構造から、繰り返しの地震に対しても耐震性を保つことが可能になっています。

 

防災科学研究所で、阪神淡路大震災クラスの揺れを再現して実験を行ったところ、1回目と10回目を比べても、変形量は3mmとごくわずかでした。

 

耐震等級3+粘震のフィアスホームの住宅は、地震の多い日本でも安心して住める住宅として高く評価されています。

 

 

【フィアスホーム】基礎の標準仕様

べた基礎

フィアスホームの基礎は、鉄筋コンクリートを一面に敷き詰めた、ベタ基礎が標準仕様になっています。

 

基礎の種類の1つである布基礎は、T字を上下さかさまにした形状の鉄筋コンクリート入りの基礎で、柱や壁を支えています。

 

いわば、点で支えている状態です。

 

一方、ベタ基礎は地盤全体に鉄筋コンクリート入りの基礎を使用し、建物を面で支えている状態なので、耐震性に優れています。

 

立ち上がり部分と地盤を覆う基礎が一体化していることも、地震に強い住宅になっている理由の1つです。

 

また、建物と地面が直接接していないので、湿気防止にもつながるところが評価されています。

 

基礎は住宅が完成してしまうと見えない部分ですが、基礎を作る際には、鉄筋の太さや鉄筋と鉄筋の間隔などに関して、詳細な指定があります。

 

設計図の通りに正確に配筋をしなければ、トラブルの原因になります。

 

フィアスホームでは、社内はもちろん、第三者検査機関のJIOの検査員にも立ち合いを依頼して、基礎配筋のチェックを実施しています。

 

厳しいルールに従い、購入者が安心して暮らせる住宅を提供しています。

 

 

【フィアスホーム】外壁の標準仕様

フィアスホームの家の外壁は、窯業サイディングが標準仕様です。

 

窯業サイディングは、強くしなやかで、防火性能にも優れています。

 

窯業系サイディングは地震にも強く、大規模地震が起きた地域を対象にした調査でも、はく離・脱落がほとんど見られなかったと報告されています。

 

防水性にも優れ、屋内側に雨水が入るのを防いでくれます。

 

デザインも豊富で、タイル調や石目調などがあり、高級感のある外観を演出することもできます。

 

サイディング材の表面は、汚れを付着しにくくして、雨水で流れやすくなるように加工されているので、メンテナンスも比較的簡単なため多くの方に選ばれています。

 

 

【フィアスホーム】屋根の標準仕様

フィアスホームの家の屋根材は、スレート屋根ガルバリウム鋼板が標準仕様でどちらかを選ぶことができます。

 

陶器瓦はオプションです。

ストレート屋根

スレート屋根の主成分はセメントで、厚さは5mm程度です。

 

スレートの屋根は二重構造になっているので、万が一割れたり欠けたりしても、その下にある部分が住宅を保護します。

 

価格が安く、普及率が高い屋根材です。軽い素材なので、屋根の軽量化を実現できます。施工が簡単なのもメリットです。

ガルバリウム合板の屋根

ガルバリウム鋼板は、鉄をガルバリウムという合金でメッキしたものです。

 

錆に強く、陶器瓦よりも軽く、耐震性に優れています。

 

耐用年数は25年から35年です。

 

定期的なメンテナンスを行い、錆が原因の穴あきさえなければ、40年以上もつこともあります。

 

コスパに優れた屋根材として多くの方に選ばれています。

 

 

【フィアスホーム】断熱の標準仕様

フィアスホームの住宅に使われているパネルは「eパネル」で、構造用パネルと樹脂系の断熱材を一体化させたものです。

 

このパネルで住宅全体を包み込むことで、寒さの厳しい北海道基準をクリアするほどの断熱効果のある住宅を実現しています。

 

eパネルの優れた断熱効果の秘密は、70mmという厚さにあります。

 

一般住宅で使用されているグラスウールに置き換えるなら、175mmの厚さのグラスウールを使用しているのと同じ断熱効果が得られます。

 

一般住宅では40mmのグラスウールを使用しているので、eパネルではその4.3倍の断熱性能があることになります。

 

フィアスホームの住宅は、高気密で高断熱になっているので、床表面と部屋の高い部分との温度差が少ないのが特徴です。

 

高断熱でも低気密の住宅では、床表面よりも高い位置の温度が20度でも、床表面は13度程度なので足元が冷えてしまいます。

 

一方、フィアスホームの住宅では、床表面より高い位置が21度の場合、床表面は17度で、足元が冷えにくくなっています。

 

家全体も温度差が少なく、リビングダイニングが21度なら、廊下は18度、洗面所は16度であり、ヒートショック対策としても効果的です。

 

暖かく過ごせる住宅として高評価を得ています。

 

 

【フィアスホーム】窓の標準仕様

fフィアスホームの窓の標準仕様は、断熱性が高い「内外Low-Eトリプルガラス」です。

 

中空層にアルゴンガスが封入されており、部屋の中と外の面にはLow-Eガラスを使用しています。

 

従来のペアガラスは、2枚のガラスを使用して、その間に空気層を作ることで断熱効果を高めています。

 

フィアスホームが採用しているのはトリプルガラスでは、もう1枚ガラスを加えて、2つの空気層を作っています。

 

普通の複層ガラスが室内から熱を逃がしてしまう割合を100%とすると、トリプルガラスは23%しか逃がしません。

 

また、室内側と室外側のガラス面には、酸化錫や銀などの金属層膜がコーティングされています。

 

Low-Eとは「低放射」という意味で、太陽熱や室内の熱を吸収したり、反射したりできます。

 

その結果、夏には暑さを緩和し、冬には暖房効果を高めることができるのです。

 

この窓の効果もあり、フィアスホームの家は暖かいと評判です。

 

 

【フィアスホーム】キッチンの標準仕様

フィアスホームのキッチンの標準装備は、LIXILの「リシェルSI」です。

リクシルのリシェルSIは、熱やキズ、汚れに強いセラミックを使用しています。

 

リシェルSIの収納は扉が斜めに開くので、収納の中全体が見え、ものを取り出しやすくなっています。

 

テコの原理を利用しているので、少ない力で楽に扉を開けることができます。

 

取っ手も工夫されていて、握る部分が広くなっており、手も入れやすい角度になっています。

 

頻繁に使用するものはすぐに取り出せるような設計になっており、無駄になりがちな引き出し上部の空間も利用できるので、効率的な収納が可能です。

 

また、リシェルSIの収納は、調理する人の動線に沿って取り出せるように工夫されています。

 

水栓は手をかざすだけ自動的に水が出てきます。

 

リシェルSIのレンジフードは「よごれんフード」でサッとふき取るだけ汚れが取れます。

 

従来のブーツ型レンジフードで1年で溜まるファンとフード内部の汚れが、このレンジフードでは10年かかることからも、いかにきれいに保てるかがわかるでしょう。

 

シンクは広いので、大きなフライパンも無理なく洗えます。

 

水を流すと、シンクの奥の広い段差に向かって水やごみがスムーズに流れます。

 

リシェルSIのシンクの表面は「デュアルコート」と言って、水や汚れをはじく樹脂成分で覆われています。

 

シンクにはプレートが付いているので、周りが汚れやすい作業はシンク内ですることができます。

 

使いやすいキッチンとして喜ばれています。

 

 

【フィアスホーム】お風呂の標準仕様

フィアスホームのお風呂はLIXILの「アライズ」です。

リクシルのアライズ

引用元:LIXILのアライズ

 

アライズの浴槽は「ミナモ浴槽」で、フランジが洗い場側に張り出しているので、広々とした浴槽でゆったりと浸かることができます。

 

エプロンは曲面デザインで、手の大きさに関係なくつかみやすくなっています。

 

お湯を張ってから時間が経っても冷めにくい構造の浴槽です。

 

洗い場は、座ったままで手が届く「らくらくレイアウト」です。

 

腕の回転軌道に合わせたバーが付いているので、シャワーヘッドやシャンプーなども楽に取ることができます。

 

床は「キレイサーモフロア」で、冬でも冷たさを感じにくく、快適にバスタイムを楽しめます。

 

皮脂汚れが付きにくいように表面を処理しているので、お掃除も簡単です。

 

排水口に溜まったゴミも、まとめて簡単に取り出せるようになっています。

 

弓型のスライドバーの機能で、真上からシャワーを浴びることができます。

 

スライドバーは片手で位置を変えられるので、どんな姿勢でも楽にシャワーを浴びられます。

 

また、「エコアクアシャワー」なので、空気を含んだ大粒の水滴が流れ出て、節水効果も高いです。

 

カウンターは、外して丸洗いができます。

 

壁に掛けておくこともできるので、カウンターを使わない時には収納すれば、広々としたスペースを確保できるでしょう。

 

使い勝手がいいと言う点が高く評価されている製品です。

 

※アライズが廃盤になり、2022年4月1日より後継品として『Lidea(リデア)』が発売されています。

アライズの在庫がなくなり次第、リデアが標準仕様になる可能性があります。

 

 

【フィアスホーム】その他・特別仕様など

フィアスホームの住宅は、空気の流れができやすい設計になっています。

 

縦すべり出し窓を採用しているので、引違い窓に比べると、およそ10倍の通風量になります。

 

また、風の量は同じでも、地窓と高窓を組み合わせている設計なので、高低差によって風がより流れて涼しさを感じることができます。

 

通風開始から20分ほど経過すると室内の温度は4.4度下がります。

 

また、フィアスホームの住宅では、熱交換換気システムも採用しています。

 

通常の換気システムは、暖かい空気を外に出して、冷たい空気を中に入れる仕組みになっています。

 

その結果、室内の温度が下がり、冷気を感じるので、冬には暖房効果が落ちてしまうのです。

 

しかし、フィアスホームの住宅の熱交換換気システムは、排気する暖かい空気を冷たい空気に移すことで、室温と取り込む空気の温度差を少なくすることができるシステムです。

 

室温を下げることなく、窓を開けずに、いつでも換気できます。

 

また、高性能のフィルターで、PM2.5や花粉などの有害物質を95%除去することが可能です。

 

考え抜かれた設計と熱交換換気システムで快適に過ごせる住宅として高く評価されています。

 

 

【フィアスホーム】まとめ

フィアスホームの最新標準仕様

フィアスホームの住宅は、高気密かつ高断熱で、寒い時期にも暑い時期にも快適に過ごせる住宅です。

 

また、「粘震+eパネル」を使用しているので、大きな地震が発生し、余震が続く場合でも安心です。

 

フィアスホームでは、住宅の建設に際しては十分な地盤調査を行い、保険法人による現場検査は3回、独自に8回の品質検査も行っています。

 

また、機密性能も確認し、性能報告書として買主に報告しています。

 

リーズナブルな価格で、安全・快適な高品質の住宅を提供していると言えるでしょう。

 

まずは、無料の資料請求でカタログを入手し、最新情報を確認しましょう!

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

【最新】ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-フィアスホーム
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2024 All Rights Reserved.