ホクシンハウスの最新標準仕様

ホクシンハウス

ホクシンハウスの標準仕様について紹介!【2024年最新版】信頼感と納得の標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!
最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ! 取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!
そうなんだ!! せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!
オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!
え〜!! そんなにお金がかかるの!! しっかり事前に調べる必要があるわね!
だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!
どんなサービスなの?
家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ! そのハウスメーカーからカタログや概算見積もりがもらえるサービスニャ! 無料だから試してみてニャ!
無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

  • 積水ハウスやアキュラホームなど大手ハウスメーカー多数掲載!
  • 最新カタログ資料がもらえる!
  • 希望の間取りの概算見積がもらえる!

※資料を無料でゲットしよう!※

資料請求はコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

 

この記事では、公開されている情報をもとに『ホクシンハウス』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。

 

ホクシンハウスは、30年後にも変わることがない快適さと安全な暮らしを提供することをモットーとするハウスメーカーで、高い断熱性能を持つ住宅を建てるハウスメーカーとして定評があります。

規格住宅や注文住宅など、オーナーのニーズに合わせて幅広い住宅づくりに対応しており、満足度の高い家づくりをお手伝いしてくれます。

ホクシンハウスの家は、標準仕様でもハイスペックな設備がついており、リーズナブルに快適な家づくりができます。

 

坪単価が近いハウスメーカー

アイフルホームの標準仕様
アイフルホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

タマホームの標準仕様
タマホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

アキュラホームの標準仕様
アキュラホームの標準仕様について紹介!【2024年最新版】充実の住宅設備と標準装備はこちら♪

最新標準仕様の資料を無料でゲットしよう! ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?! 最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料 ...

続きを見る

 

 

【ホクシンハウス】構造・工法の標準仕様

ホクシンハウスでは、地震などによる力を線や点ではなく面で受けることによって圧を分散できるモノコック構造を標準スペックとしています。

いつどこで自然災害が起こっても不思議ではないと言われている現在の日本においては、家づくりにおける耐震性は、優先純度の高い項目と言えるでしょう。

ホクシンハウスでは、耐震等級3を標準仕様に採用することで、すべての家に大きな安心と安全を提供してくれます。

ちなみに耐震等級3と言うのは、警察署や消防署と同じレベルの耐震性能です。

 

 

【ホクシンハウス】基礎の標準仕様

ホクシンハウスの標準仕様の基礎工法では、耐震地中梁ベタ基礎構造を採用しています。

べた基礎

これは地表から深度のある場所へ梁を伸ばすことによって、揺れや外圧による倒壊を防げるという工法です。

大きな地震にも耐えられる安全な住宅づくりを標準仕様とすることで、多くのオーナーから定評があります。

ホクシンハウスの耐震地中梁ベタ基礎工法では、地中梁を従来のように建物の外側だけに配置するのではなく、内側にも配置することで、基礎の剛性をさらに強化しています。

 

 

【ホクシンハウス】外壁の標準仕様

ホクシンハウスの標準仕様の外装は、「金属サイディング」か「窯業サイディング」かを選択できます。

どちらもカラーセレクションが何種類かあり、明るい雰囲気のものやカジュアル感のあるもの、またと快適なカラーや芸術的なカラーなどもあり、住む人のライフスタイルや希望で選ぶと良いでしょう。

 

標準仕様の外壁は、メンテナンス性に優れているだけでなく、汚れが付きにくいといった配慮もされたハイスペックなものが採用されています。

この点もまた、多くのユーザーから好評です。

 

 

【ホクシンハウス】屋根の標準仕様

ホクシンハウスの屋根は、太陽光発電パネルが標準装備されています。

屋根はフラットではなく傾斜付きのモデルもあるため、パネルをどこに設置するかを決める際には、必ず相談しながら決める必要があります。

省エネやエコを重視したホクシンハウスだからこそ、毎月かかる光熱費を最小限に抑えるための設備や配慮が住宅のあちこちにちりばめられています。

この点は、実際にホクシンハウスで住宅を建てたオーナーの多くも大絶賛しています。

 

 

【ホクシンハウス】断熱の標準仕様

ホクシンハウスでは「FB工法」と呼ばれる独自の特許工法を使い、圧倒的な断熱性と機密性、そして換気や冷暖房とのバランスを実現しています。

気温の変化が激しい信州を拠点とするホクシンハウスだからこその工法で、外気の温度や湿度によって屋内が影響を受けにくい高断熱性が期待できます。

また壁や天井床もすべてダブル断熱としており、床から冷気が昇ってきて底冷えするといった心配もありません。

 

断熱性に加えて気密性も高く、窓を開けて換気をしなくても、換気システムが常に吸排気してくれるシステムが標準装備されています。

ちなみにホクシンハウスが実現している断熱性能は、国が定めている省エネ基準値やZEH基準よりもずっと高く、さらに厳しいと言われているHEAT20基準もクリアしています。

 

 

【ホクシンハウス】窓の標準仕様

ホクシンハウスの窓は、業界の中でもトップレベルの性能を誇るトリプルガラスサッシが採用されています。

YKK AP の「APW430」などがあり、高い断熱性や防犯性が期待できるだけでなく、結露をしっかり予防できて経年による腐食や劣化を防げるといったメリットがあります。

YKKAPのAPW430

引用元:YKKAPのAPW430

トリプルガラスサッシは、3枚の樹脂ガラスによって断熱効果を高めることができるハイスペックなサッシです。

それぞれのガラスの間にはアルゴンガスを充填して気密性を高めています。

 

 

【ホクシンハウス】床の標準仕様

ホクシンハウスの床はダブル断熱材が採用されており、床下から冷気が昇ってくる心配がありません。

さらに床下暖房が標準装備されているため、床に直接座るペットや小さな子供にとっても、快適な生活環境が期待できます。

 

床材には、木のぬくもりを感じられる樹脂フローリング材が採用されています。

メンテナンス性に優れているほか、傷がつきづらいといったメリットもありますし、温もりを感じられるソフト感も好評です。

カラーは何種類かラインナップされており、選択できます。

 

 

【ホクシンハウス】天井の標準仕様

天井は、熱がこもりやすい場所になってしまうことが多いのですが、ホクシンハウスの天井は、ダブル断熱によって屋根から受ける熱が屋内に入りづらい設計デザインとなっています。

また、「全館換気システム」が常に作動しており、室内の空気を循環できるため、天井に近い部分でも快適な住空間が手に入ります。

屋根裏部分をうまく活用してオフィススペースにしたり子供が遊ぶスペースにすることも、ホクシンハウスの標準装備なら可能です。

 

 

【ホクシンハウス】キッチンの標準仕様

ホクシンハウスの標準仕様のキッチンは、リクシル・クリナップ・タカラスタンダードから選択可能です。

家族の動線や回遊性を考慮したレイアウトとなっている点が大きな特徴です。

対面式のキッチンが標準仕様となっており、食事の受け渡しがしやすく、家族のコミュニケーションも弾みます。

収納スペースも充実しており、何をどこに収納するかという希望やニーズに合わせてカスタマイズができます。

オプションとして食洗器も設置することができますが、キッチンキャビネットと同じ色調なので、目立ちにくく見た目のオシャレ感がアップします。

 

高グレード住宅のプレミアムでは、オーダーキッチンにすることができます。

オーダーキッチンの魅力は、インテリアに合わせたデザイン、最も効率のいい導線、最大限の収納と作業スペースを作り出すことができることです。

また、組み合わせるパーツやメーカーを問わないため、「海外製品を使用したい」などこだわりも叶えることができます。

 

リクシルのキッチン「リシェルSI」

リシェルSIは、熱やキズ、汚れに強いセラミックを使用し、耐久性にも優れています。

収納スペースや作業スペースの工夫により、使い勝手が良く、調理の効率性を高めています。

 

クリナップのキッチン「ステディア」

 

クリナップのステディアキッチンは、美しいデザインと高品質な素材を組み合わせ、使いやすさと快適さを追求したキッチンです。

豊富なデザインバリエーションとカスタマイズオプションがあり、機能的な収納スペースも充実しています。

調理の効率性と使いやすさを考慮し、環境にも配慮したエコロジーな製品です。

 

タカラスタンダードのキッチン「オフェリア」

 

タカラスタンダードのオフィリアは、高級感がある人造大理石のシンクが人気の商品です。

オフィリアはホーロー素材の壁なので、マグネットを使用して、キッチンの壁一面を有効活用できます。

レンジフードもホーロー素材なので、お手入れが簡単です。

 

 

【ホクシンハウス】トイレの標準仕様

標準仕様のトイレは、TOTO製かリクシル製かを選択できます。

タンクありとタンク無しのタイプとがあり、色は基本的にホワイトがラインナップされています。

お掃除しやすいメンテナンス性や使い勝手が配慮されており、ウォシュレットももちろん標準装備されている点が魅力です。

 

トイレとタンクが一体型のものもあれば、後からトイレを交換しやすいタイプなどもあります。

オプショナルでハイスペックなトイレ設備へとアップグレードすることもできますが、標準仕様でも十分に満足という人は少なくありません。

TOTOのトイレ「ネオレスト」

たとえば、TOTOの「ネオレスト」というタンクレストイレを選択可能です。

1階、2階の2か所が標準です。なんと言ってもデザイン性が優れており、見た目の良さからTOTOを選ぶ人もいるほどです。

また、汚れが溜まりやすい便器のフチ裏がないため、衛生的です。

 

リクシルのトイレ「サティス」

 

LIXILのトイレ「サティス」は、防汚性能に優れるアクアセラミックの便器を採用し、キレイでお掃除が簡単に行えるのが特徴です。

 

また、「におわない」「快適」「エコ」にもこだわり、心地よい空間も好評となっています。

 

 

【ホクシンハウス】お風呂の標準仕様

標準仕様のお風呂は、TOTO製かリクシル製かを選択できます。

バスタブのサイズに関してはどちらも同じで1帖タイプとなっています。

洗い場の収納スペースや鏡、照明と言ったレイアウトが異なる他、床材や壁材をいくつかの種類から選択できる点が異なります。

ホクシンハウスの脱衣所は、床暖房などの設備はありません。

しかし、全館冷暖房完備が標準仕様なので、ヒートショックのリスクもなく、寒い季節でもポカポカな脱衣所を維持できます。

 

TOTOのお風呂「サザナ(SAZANA)」

TOTOの「サザナ(SAZANA)」は、ゆるリラ浴槽で、体の4点を支えてくれる設計になっています。

人間工学に基づく設計で、従来の浴槽よりも関節にかかる負担が軽減されます。

ゆったりとしたバスタイムが楽しめると好評です。

 

LIXILのお風呂「リデア(Lidea)」

リクシルの「リデア(Lidea)」の浴槽は、ロング浴槽、エコベンチ浴槽、ミナモ浴槽、ストレートライン浴槽の4タイプの中から選択できます。

4時間後でも2.5℃しか温度が下がらない断熱性の高い浴槽です。

床は、表面が特殊加工されているので、汚れが付きにくく、清潔に使用できると、喜ばれています。

排水口は渦を巻くようにお湯が流れていく構造になっているので、髪の毛やゴミが自然とまとまり、処理が簡単にできます。

 

 

 

【ホクシンハウス】洗面台の標準仕様

標準仕様の洗面台には、大きめの洗面ボウルが設置されたハイスペックなものが採用されています。

リクシル製かTOTO製で、洗面台下は使いやすさを考慮した引き戸タイプの収納スペースが確保されています。

鏡はスライド式で、背面にはたっぷりと収納スペースがある点も、多くのユーザーから好評です。

標準仕様では洗面台にシャワーヘッドなどはついていませんが、オプションでシャワーヘッドを装備すれば洗面ボウルのサイズは十分に大きいため、朝シャンにも十分対応できそうです。

 

リクシルの洗面台「ピアラ」

 

リクシルの「ピアラ(Piara)」は、お掃除しやすいのが特徴です。

たまった髪の毛やゴミなどをしっかりとキャッチする“新てまなし水栓”、さっと拭ける洗面器と一体型のカウンター、水栓周りに水が滞留しにくい“キレイアップ水栓”などを採用しています。

 

TOTOの洗面台「オクターブ」

選択可能なTOTOの製品は「オクターブ」です。

手や顔を洗う時に外したメガネや指輪を置けるスペースがあります。

水栓は自動水栓なので、手を触れる必要がなく衛生的で、掃除の手間も増えません。

自動手元照明付きで、洗面所の電気を付けなくても、手元を明るく照らしながら洗うことができます。

水滴は空気で大粒に膨らませているで、節水効果があります。

細部までにこだわった設計が喜ばれています。

 

 

【ホクシンハウス】空調の標準仕様

ホクシンハウスの空調は、全館冷暖房が標準仕様となっています。

自宅の中に空調室を設置し、そこにエアコンとファンを配置します。この空調室の広さは1帖ほどで、メンテナンス性や見た目を高める効果が期待できます。

壁や床、そして天井部分に通気層を作り、建物全体を上下左右から快適な環境へと維持できる点が、ホクシンハウスの空調システムの魅力と言えます。

締め切った空間でも常に快適で新鮮な空気が循環する点は、多くのユーザーから好評です。

 

 

【ホクシンハウス】照明の標準仕様

ホクシンハウスで標準装備されている照明器具は、住宅の雰囲気に合わせて適切なものが採用されています。

省エネを目指す住宅なので、照明器具はどれもエコなものが厳選されている点が大きな特徴と言えます。

全体的に天井付近をすっきり見せる設計デザインが多く、壁や天井へ照明器具を埋め込むビルトインタイプも人気があります。

またレール照明など、有料オプション的にオーナーからのリクエストに対応することも可能です。

標準仕様でもハイスペックな照明器具が採用されている点が、ホクシンハウスの魅力と言えるでしょう。

 

 

【ホクシンハウス】カーテンの標準仕様

ホクシンハウスの標準仕様では、カーテンはついていません。

外部からの視線が気になる人は、ブラインドやカーテンレールをオプションで付けてもらうことは可能です。

ただし、ホクシンハウスの窓は標準仕様のものでも高い断熱性と機密性があり、外からの熱や冷えがガラスを通過して室内に入り込むという心配がありません。

そのため、住宅を建てるロケーションや景観によっては、カーテンは付けずに景観を楽しむ人もたくさんいます。

 

 

【ホクシンハウス】玄関ドア・タイルの標準仕様

ホクシンハウスの玄関ドアやタイルは、断熱性が高く見た目のデザインに優れたものが標準仕様として採用されています。

特に玄関ドアは外部からの熱や冷気が入り込みやすい部分でもあるため、北海道仕様で気密性と断熱性に優れたドアが採用されている点がホクシンハウスの大きな特徴です。

外壁との素材や質感を合わせることも可能です。

玄関部分のタイルに関しては、メンテナンス性が優れたものが採用されており、外から玄関、そしてリビングスペースへの流れに彩を添えています。

 

 

【ホクシンハウス】その他・特別仕様など

ホクシンハウスの住宅に標準装備されている設備の中でも、多くのオーナーが声をそろえて絶賛するのは、やはり高気密性ではないでしょうか。

全館冷暖房空調システムが導入されており、1階と2階とで温度差が変わらないだけでなく、玄関とリビングルーム、お風呂などでも温度の違いを感じません。

家の中での熱中症や入浴時のヒートショックなども予防でき、健康面でも高い効果が期待できます。

これはセントラルヒーティングシステムが、壁や天井、床からバランスよく快適な空気を放出することで実現できる快適さと言えるでしょう。

 

 

【ホクシンハウス】まとめ

ホクシンハウスの最新標準仕様

外の気温に室内が影響を受けることなく快適で安全な暮らしがしたい人にオススメのホクシンハウスでは、高断熱と高気密の住宅づくりで定評があります。

FB工法という独自に開発した空調換気システムはとてもハイスペックで、それが標準装備されているという点が高評価の理由と言えるでしょう。

エコな暮らし、そして地球にもお財布にも優しい暮らしができるホクシンハウスは、信州エリアを中心に事業展開しています。

断熱性や気密性の数値でハウスメーカーを選びたいという人にもおすすめです。

 

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

【最新】ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-ホクシンハウス
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2024 All Rights Reserved.