イシンホームの家の坪単価は?

イシンホーム ハウスメーカーの評判

イシンホームの坪単価・価格相場を商品別に紹介♪1000万円台でハイスペック住宅が建てられる!

イシンホームは、岡山県を拠点に営業展開しているハウスメーカーで、フランチャイズで全国展開しているという特徴があります。

取り扱う住宅は木造の軸組み構造を主力とする木造住宅がメインで、住宅を建てる人の自由設計を基本としています。

ただし、他のハウスメーカーの自由設計と比較すると若干制限が多いのですが、間取りやデザインを自由に選ぶだけでなく、住宅の機能や設備などのスペック面でも自由に選べるという点で、高い人気があります。

イシンホームの家の特徴は?
イシンホームの家はここがすごい♪イシンホームの家の特徴と価格相場!

フランチャイズ展開が特徴のイシンホーム住宅 イシンホーム住宅は安心で住心地の良い住宅を、購入しやすい価格で販売していることで評判の住宅メーカーです。 主にフランチャイズで全国展開しており、フランチャイ ...

続きを見る

イシンホームの注文住宅の坪単価・価格相場はどのぐらい?

イシンホームの住宅は、坪単価の目安は40万円~55万円程度となります。

ほかのハウスメーカーと比較して、この坪単価はかなりローコストと言えます。

ポイント

イシンホームの坪単価の目安は、40万円~55万円程度

一般的な2階建て3LDKの家なら、延べ床面積が30坪(約99m2)くらいなので1,200万円~1,650万円で家が建つことになります!すごく格安ですね♪

イシンホームでは、全国にフランチャイズ展開することによって、かかるコストを徹底的に削減している他、購入しやすい価格相場を常に研究しながら、低価格の実現に向けで努力しています。

そのため、イシンホームが取り扱うシリーズは、どれを選んでも購入しやすい価格帯ですし、それでいてハイスペックな設備を搭載しているという点で好評です。

イシンホームの坪単価・価格相場を商品別に紹介!

イシンホームには、複数の小シリーズがラインナップされています。

他のハウスメーカーと比較すると、イシンホームはオプションを選択しなくても標準装備でハイスペックな装備が搭載されているという点が、大きな魅力となっています。

住宅を建てる際には、欲しい設備などをオプションで追加すると、とかく予算オーバーになることが多いのですが、イシンホームなら欲しいオプションが標準装備されていることが多いので、リーズナブルなローコストで住宅を建てることが可能です。

女性のニーズに寄り添う住宅ならコレ「ビューティーセブン」の坪単価・価格は?

イシンホームのビューティーセブンは、住宅自身のメンテナンスに加え、住んでいる人のメンテナンスにも重点を置いたシリーズです。

標準装備されている窓は、紫外線を76%カットできるだけでなく、遮熱や高断熱、高防露作用も期待できます。

給水システム設備によって水を軟水化したり、アラーム機能を搭載した照明器具などもすべて標準装備されているのが特徴です。

その他にも、女性が欲しいと思っているウォークスルー洗面乾燥クローゼットや、オール電化キッチン設備エコキュートIHヒーターなども装備していて、オプションを付けなくても大満足できそうです。

ちなみに、イシンホームのビューティーセブンの坪単価は、スペックが充実しているのに40万円~50万円程度が目安で、とてもリーズナブルです。

住んでいるだけで家族の健康管理ができたり、冷え性などの健康トラブルを改善することもできるので、多くの人から好評のシリーズです。

防災住宅「フェニックスセブン」の坪単価・価格は?

イシンホームのフェニックスセブンは、追加で工事を行えば工事費が600万円程度かかるような充実した防災設備を標準装備しているのが特徴のシリーズです。

阪神淡路大震災クラスの自身でも揺れを減震できる減震ブレーキを始め、太陽光発電装置や蓄電池が装備されている他、地震が来ても損壊しにくい耐震構造となっていたり、防災気密基礎となっている点も見逃せません。

また、シロアリを寄せ付けないための設備を装備することによって、耐震リスクとシロアリリスクに同時に対応できます。

フェニックスセブンシリーズは、高額な防災設備が標準装備でついているということもあり、坪単価は少々高めの55万円~60万程度となります。

しかし、大きな安心感を得ることができますし、太陽光発電によって毎月の電気代を節約することができるため、人気のあるシリーズです。

IoTにも対応する次世代のスマートハウス「夢現未来(むげんみらい)」の坪単価・価格

イシンホームの夢現未来(むげんみらい)は、次世代の技術と言われているAIやIoTを積極的に取り入れたスマートハウスで、住宅を購入する人が自分好みの生活をデザインしやすいスペックとなっているのが特徴です。

圧倒的な標準装備によって、オプションを付けることによる価格の上昇を防ぐと同時に、ハイスペックな太陽光発電設備によって、毎月の光熱費を節約できるというメリットも期待出来るシリーズです。

しかも、高気密・高断熱なのでエアコン1台で全館冷暖房ができるという省エネスペックも人気の理由となっています。

また、床下暖房や宅配ボックス、そしてIoT対応のインテリアをオプションで付けることもできます。

この夢現未来の坪単価は、40万円~50万円程度が目安となります。

「HEIG MD(ヘイグ エムディー)」の坪単価・価格

HEIG MD(ヘイグエムディー)は、イシンホームの中でもローコストで建てることができる製品です。

エコな機能が充実しているうえに、家族が集うリビングルームやダイニングエリアでは天然のムク材を使用するなど、自然と暮らしを共存できるシリーズです。

家事を楽にしてくれる設備が多く、オール電化やITヒーターを始め、アイランドキッチンやインナーバルコニーなどが標準装備されています。

HEIG MDの坪単価は、30万円~40万円程度が相場となります。

設備が充実しているのにローコストという点で人気が高く、共働き家族を支援する宅配ボックスセルフクリーニング外壁などもあり、共働き家庭から大きな支持を得ているシリーズです♪

 

若い世代をターゲットにしたオシャレ住宅「ModernCubeD(モダンキューブD)」の坪単価・価格

20代~30代の若い世代をターゲットにしたモダンキューブDは、デザイン重視で住宅を選びたいけれど、出来るだけローコストで充実した設備も欲しいという欲張りな人にピッタリのシリーズです。

太陽光発電設備を搭載しているため、毎月の住宅ローンから売電収入を引くと2万円台の支払いになることも可能で、一戸建てが欲しいけれど予算面で不安という人にもおすすめです。

モダンキューブDの坪単価は、50万円程度となっていて、他のシリーズと比較するとそれほどリーズナブルという印象はないかもしれません。

しかしこれは、長期間にわたって売電収入を得ることができる太陽光発電設備を搭載しているためですし、他のハウスメーカーの住宅の坪単価と比較すると、50万円でもかなりローコストと言えます。

スマートハウスなのにリーズナブル「MAXスマハ(スマートハウス)」の坪単価・価格

イシンホームのMAXスマハ(スマートハウス)は、複数のスマートシステムが装備されている住宅で、ハイスペックの住宅をローコストで建てたい人におすすめのシリーズです。

MAXスマハの坪単価は40万円台ですが、太陽光発電設備や蓄電池がついている他、自家発電によって床下暖房や室内の冷暖房調整ができるため、毎月の光熱費を大幅に節約できます。

さらに、消費節約システムが装備されていて、調湿換気が自動でできたり、断熱サッシやLED照明器具、外反射断熱材と吹き付け断熱材の併用によってW断熱ができるなど、エコな設備もついています。

ラグジュアリーな和風スタイルの住宅「四季ZEN」の坪単価はどのぐらい?

イシンホームの中でもラグジュアリー感のある和風スタイルの住宅を建てたい人におすすめなのが、四季ZENシリーズです。

これは、天然ムク材や国産材など素材にこだわっている住宅で、木造住宅の中でも構造や耐久性を重視したスペックとなっているのが特徴です。

洋風スタイルやモダンスタイルなどはありませんが、ハイセンスな和風スタイルに興味がある人は、ぜひ検討してみたいシリーズではないでしょうか。

屋内では、掃除や洗浄などの家事をロボットが行うことでラクチンにできる家事1/2設計が採用されていたり、オール電化設備やEci-I熱交換換気システムが導入される等、エコな設備が充実している点も見逃せません。

四季ZENの坪単価は、48万円~50万円程度が目安となります。

他のハウスメーカーのラグジュアリーな住宅と比較すると、この坪単価はとてもリーズナブルと言えます。

初期費用0円で約560万円の収入がある家の特徴と坪単価

イシンホームの看板商品と言っても過言ではない「ローン0円住宅」は、国内トップクラスの省エネ設備を装備し、太陽光発電による売電収入によって約560万円の収入を得ることができるというシリーズです。

実際にどのぐらいの売電収入があるのかは、地域や住宅の周辺環境などによって異なりますが、毎月の売電収入が10万円超ということは珍しくありません。

太陽光発電設備は、あとから設置しようとすると、かなりまとまった費用が掛かりますし、初期費用0円というわけにはいかないものです。

しかしイシンホームなら、太陽光発電設備や蓄電池が標準装備としてついているので、後から工事をする必要はありませんし、初期費用が掛かることもありません。

このシリーズの坪単価は70万円~80万円とやや高めですが、売電収入があるので、実際の住宅ローン返済については、かなり安くなるため、人気が高いシリーズです。

充実フル装備の家の価格相場

イシンホームの住宅は、どのシリーズを選んでも充実した設備が魅力です。

太陽光発電設備や蓄電池などが標準装備されているシリーズもありますし、住んでいる人の生活を便利にしてくれる設備をリーズナブルな坪単価で提供しているシリーズが多く、どのシリーズを選べばよいのか迷ってしまうほどです。

どのような設備を装備するかによって坪単価は異なりますが、通常ならまとまった初期費用が掛かることが多い太陽光発電装備のような大型の装備が標準装備でついているシリーズなどは、坪単価はどうしてもやや高めになる傾向があります。

家事1/2の住宅の特徴と坪単価

イシンホームの住宅には、家事が1/2になる便利なロボット機能が装備されています。

働くお母さんにとって人気が高いこのロボット機能は、お風呂の自動洗浄トイレの自動洗浄床を自動でお掃除してくれるなど、優秀な機能が盛りだくさんです。

さらに、自宅に誰もいない時には、お留守番宅配ロボットが便利です。

荷物を自動的に受け取ってくれるだけでなく、施錠や捺印なども自動で対応することが可能です。

また、食洗器ロボット機能を使えば、スイッチ一つで食器を自動洗浄してくれるので、これまで家事にかかっていた時間を他の有意義なことに回せるというメリットが期待できます。

この家事1/2機能を持つ住宅の坪単価は、45万円~50万円程度が目安となります。

常に高品質化と低価格化を研究する企業姿勢が評価

イシンホームでは、全国規模で研修会や技術セミナーを実施することによって、常に業界最先端の知識や技術を各フランチャイズ店が共有できる機会を設けています。

そのため、フランチャイズ企業ごとに技術力や知識の面でばらつきが出にくく、どのフランチャイズ店に相談しても、ハイレベルな施工を行ってくれるのです。

さらにイシンホームでは、イシンプロ検査表という社内検査システムを採用していて、一つ一つの施工のプロセスごとに、プロの検査員が細かく検査を行っています。

それが、低コストでも最高品質の住宅を建てられる秘訣となっているのかもしれません。

職人と現場監督、そして検査員が三位一体となることで、イシンホームの住宅は多くの人から支持されていると言えます。

イシンホームの坪単価まとめ

イシンホームからはたくさんのシリーズがラインナップされていますが、他のハウスメーカーではなかなか見られない太陽光発電設備の標準装備が大きな特徴です。

後から設置しようとするとかなりまとまった費用が必要となる太陽光発電設備を標準装備として取り入れたうえで、坪単価が40万円~50万円で住宅を提供できるということは、かなりのローコスト住宅と言えるでしょう。

さらに、こうしたエコな設備がついていることによって、売電収入を得ることができたり、高気密・高断熱の住宅で冷暖房の光熱費を節約できるといった経済的なメリットが期待できます。

また、家事を大幅に省略できる便利なロボット機能などを利用すれば、共働きの家庭でも在宅時間を家事に追われることなく、家族団らんの時間をよりエンジョイできるでしょう。

他のハウスメーカーと同じぐらいの坪単価でも、イシンホームではハイスペックで充実した設備を装備できるというメリットが期待できます。

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が600社以上参加!

多数のハウスメーカーが参加

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

タウンライフ3冠

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

おすすめ記事

2020年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-イシンホーム, ハウスメーカーの評判
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2020 All Rights Reserved.