最新標準仕様・装備の資料を無料で一括ゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!


最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ!

取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!

そうなんだ!!
せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!

オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!

え〜!!
そんなにお金がかかるの!!
しっかり事前に調べる必要があるわね!

だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!

どんなサービスなの?

家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ!

そのハウスメーカーからカタログや間取りプランをもらえるサービスニャ!

無料だから試してみてニャ!

無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

・完全無料
・最新カタログ一括GET
・間取りプランや資金計画もGET

無料サービスはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

日本ハウスHD

日本ハウスHDの坪単価を詳しく紹介!費用相場を確認してみよう!

 

この記事では、公開されている情報をもとに『日本ハウスHD』の坪単価や家の価格・費用相場についてまとめています。

 

日本ハウスHD(旧東日本ハウス)は、元々東北地方を中心に営業をしていた技術力の高い住宅メーカーでしたが、勢いを伸ばしてプライム企業にまでなりました。

それだけ魅力のある注文住宅を提供している人気ハウスメーカーです。

この日本ハウスHDの特徴と、価格帯について確認してみましょう。

 

 

 

日本ハウスHDの住宅の特徴について

日本ハウスHDの大きな特徴は木材で、特にヒノキをメインとした木造軸組パネル工法を採用していることです。

ハウスメーカーの中では国内最多のヒノキ利用量を誇り、日本の伝統的かつ品質の高い木材を使った住宅は他にはない魅力を持っています。

同社はホテル建設、運用なども行っていて、多くの人を惹きつけるデザインと過ごしやすい機能性と空間演出のノウハウに優れています。

定期的に新しい商品や工法を開発していて、そのアイディア力や提案力も大きな特徴となっています。

太陽光発電システムを標準として設置するなど、エコ性能に優れた住宅を建てることを重視していて、これからの情勢にマッチした住宅造りができます。

 

 

日本ハウスHDの坪単価について

日本ハウスHDの坪単価は50万円から70万円というところで、注文住宅メーカーとしてはかなり安めの価格設定をしています。

とはいえ、決して品質に劣るということではありません。

上記のように単価の高いヒノキ材をふんだんに使用したり、ソーラーパネルを設置したりと充実した材料・設備を使っています。

また、複数の施工テストを重ねて仕上がり品質を高める努力もしている点にも注目です。

設計の自由度も高くて、商品によっては完全フルオーダーとなっています。

それぞれの好みを反映した家造りができて、非常にコスパに優れた注文住宅メーカーとして人気が高いのにも納得できます。

 

 

日本ハウスHDの建坪ごとの建築価格と総費用

ここでは実際に日本ハウスHDで建築した住宅の建築事例をもとに建坪ごとの坪単価や基本価格をまとめています。

日本ハウスHDの20坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
20坪(66.0m2)1,000万円~1,400万円1,400万円~1,800万円
24坪(79.2m2)1,200万円~1,540万円1,600万円~1,940万円
28坪(92.4m2)1,400万円~1,960万円1,800万円~2,360万円

 

日本ハウスHDの30坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
30坪(99.0m2)1,500万円~2,100万円1,900万円~2,500万円
34坪(112.2m2)1,700万~2,380万円2,100万円~2,780万円
38坪(125.4m2)1,900万円~2,660万円2,300万円~3,060万円

 

日本ハウスHDの40坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
40坪(132.0m2)2,000万円~2,800万円2,400万円~3,200万円
46坪(151.8m2)2,300万円~3,220万円2,700万円~3,620万円

 

メモ

※建築価格(建築総費用)は、本体価格に外構などの「別途工事費用」および登記費用や住宅ローンの手続き「諸費用」などの費用(300万円~400万円が目安)が追加で必要になります。

 

 

他社ハウスメーカーと日本ハウスHDの坪単価比較

ここでは日本ハウスHDの坪単価と比較するために、他の大手ハウスメーカーの坪単価を参考までに掲載しています。

ハウスメーカー坪単価
日本ハウスHD50万円~70万円
セキスイハイム60万円~120万円
三井ホーム80万円~110万円
積水ハウス80万円~105万円
土屋ホーム65万円~75万円
ヤマダホームズ55万円~80万円
ウィザースホーム40万円~90万円
住友不動産45万円~75万円
アキュラホーム45万円~80万円
タマホーム35万円~80万円
一条工務店50万円~80万円
無印良品の家60万円~90万円

 

 

日本ハウスHDの平屋の坪単価と費用相場について

日本ハウスHDの平屋

日本ハウスHDでは、2階建てだけでなくほとんどの商品で平屋に対応しています。

日本ハウスHDの平屋住宅はシリーズにもよりますが、坪単価としては55万円から65万円程度、30坪程度の床面積であれば2,000万円弱の総工費を目安として考えることができます。

 

平屋にすることで、コンパクトで機能的な住宅とすることができて夫婦でのんびりと住むのに最適な家とすることができます。

また、庭との行き来がしやすいように、大きめの窓とウッドデッキなどを加えるプランもあり、敷地を有効活用するのに役立ちます。

床面積が小さくなると、坪単価が多少上がる傾向にありますので、ある程度仕上がりイメージを作りながら見積もりを出してもらう必要があります。

 

日本ハウスHDの3階建ての坪単価と費用相場について

日本ハウスHDの3階建て

日本ハウスHDは、3階建て住宅にも対応していて、特に都会での施工を意識したプランを用意しています。

日本ハウスHDの3階建ては、坪単価としては55万円から65万円、設備オプションによっては70万円近くになることもあります。

3階建て住宅は多くの場合、限られた土地に建てますので、できるだけスペースを有効活用できる工夫がなされています。

 

一階部分に駐車スペースを作ったり、フロアごとに家族で集う場所や家事スペースをまとめたりと、使い勝手の良い間取りを提案します。

都市型住宅ということで外観もスマートでおしゃれなものとしていて、周りの景観に溶け込むようなものとしています。

 

日本ハウスHDの商品別坪単価

日本ハウスHDは、全体的に価格帯が控えめでコスパが良いのがメリットです。

その中でも、いくつかの商品シリーズを用意していて、坪単価も若干異なります。

シリーズによって想定する家族構成や建てる場所、設備の内容といったものが異なります。

それに伴って坪単価も変わってきますので、商品の特徴と価格の関連性を把握してシリーズを選ぶことが大事です。

また、同じ商品でも設備オプションを加えると坪単価も上がります。

あくまでも坪単価は目安という程度で考えて、実際に見積もりを出してもらいチェックする必要があります。

 

日本ハウスHDの『館』の坪単価

日本ハウスHDの館

出典:日本ハウスHD

日本ハウスHDの「館」シリーズ坪単価は65万円から70万円、設備の状況によってはさらにオーバーすることもあります。

「館」シリーズは40坪程度の床面積の場合、基本価格が2,000万円台の後半となるでしょう。

この「館」シリーズは日本ハウスHDの中でもハイグレード商品に属します。

 

「館」シリーズがハイグレードの理由は、柱に4.5寸のヒノキ材を使っていることにあります。

他のシリーズよりも太くて高価な材料を使っていますし、それに合わせてデザイン性を高め重厚感の強い外観としています。

ZHE基準もパスしている省エネ住宅でもあり、あらゆる面でレベルの高い住宅となっています。

キッチン周りなどの設備もグレードの高い製品を使用できますので、家族全員が満足できる家造りができるでしょう。

 

日本ハウスHDの『極』の坪単価

 

日本ハウスHDの極シリーズ

出典:日本ハウスHD

日本ハウスHDの「極」シリーズは、名称からも分かるように日本ハウスHDの中でも最高級グレードに属する商品です。

日本ハウスHDの「極」シリーズの坪単価は70万円程度で、内容によってはさらに高くなることもあります。

「極」シリーズは太くて美しい木肌を見せてくれるヒノキ材を惜しげもなく使用し、見た目の良さと共に耐震性を高めているのが強みです。

設備もグレードの高いものを使っていてデザインも良いので、内装の質向上に貢献してくれます。

 

また、「極」シリーズは、質感の高いサイディング外壁とスレート瓦を用い、耐久性を向上させると同時に美しい外観を実現しています。

天井高を2,600mmとしていて、開放感があってゆとりのある部屋を作れるのもおすすめポイントです。

この会社の中では坪単価は高いですが、他の注文住宅メーカーと比べると標準的で、しかも高級グレードですので割安感があります。

 

日本ハウスHDの『輝』の坪単価

日本ハウスHDの「輝」シリーズ

出典:日本ハウスHD

日本ハウスHDの「輝」シリーズ坪単価は60万円から70万円程度となっています。

日本ハウスHDの「輝」シリーズでは、一般的な大きさの住宅(延床30坪程度)であれば、総費用は2,500万円程度を目安とすることができるでしょう。

このシリーズの特徴はシンプルモダンの外観です。

郊外でも都市部でも周囲にマッチする落ち着きのある見た目で、あらゆる層に受け入れられます。

 

日本ハウスHDの「輝」シリーズは、ヒノキの優しい風合いを生かした内装も特徴的で、温かい雰囲気の空間を作ってくれています。

内装、外壁共にいろいろな選択肢が用意されていますので、それぞれの好みのデザインに仕上げられる自由度もおすすめの点です。

大きめの窓で開放感が強いので、より広々としたイメージの間取りにできるのも魅力的な点と言えるでしょう。

人造大理石のカウンターを持つシステムキッチンなど、設備のグレードも高くなっていますので満足度が高いです。

 

日本ハウスHDの『雅』の坪単価

日本ハウスHDの雅

出典:日本ハウスHD

日本ハウスHDの「雅」シリーズ坪単価が55万円から70万円程度です。

日本ハウスHDの「雅」シリーズの建築費用の目安としては、2,000万円台前半を考えておくと良いです。

日本ハウスHDの中でも比較的リーズナブルな価格帯となっています。

それでも高品質のヒノキを使用した美しく、安全度の高い施工を約束しています。

また、自由設計となっていますので、間取りやデザインなどの要望を反映させやすいのも同じです。

 

日本ハウスHDの「雅」シリーズでは、この価格に対して、省エネ性能が非常に優れているのが特徴で、トリプルガラスを標準で使っています。

大きな窓で開放的な部屋となりますが、冷暖房の効きが良く安定した室温を保てるのがメリットです。

質感の高い外壁を使用するなど、予算を抑えつつも見た目にもかなりこだわっているのもおすすめの点となります。

設備の選択によってより充実した環境つくりをすることもできますので、予算に合わせた注文がしやすいのもポイントです。

 

 

日本ハウスHDの住宅を選ぶメリット

日本ハウスHDの住宅は、比較的リーズナブルでコストパフォーマンスが高いのが大きなメリットです。

他の注文住宅メーカーと比べてもお得感が強くて、予算を抑えながらも自由に注文したいという方にぴったりです。

日本ハウスHDの住宅は、価格はリーズナブルですが品質はしっかりとしています。

特に、気密性と断熱性が高く、室内温度の安定性が非常に良いのが魅力的です。

その分冷暖房を控えめにすることができますので、省エネにつながります。

太陽光発電を標準装備していて、発電分で住宅で消費する電力をまかなえるゼロエミッションを達成できるレベルとなっているのも素晴らしい点です。

 

デザイン的にも優れていて、巧みに質感の異なる外壁を組み合わせたり、木材の部分をアクセントに入れたりしておしゃれに仕上げています。

落ち着きを感じさせるデザインですので、建築する場所を選ばずどこでも見栄えが良いというのもポイントです。

内装は好みの色や模様にすることができますが、ヒノキを見せるデザインが特徴的です。

木の温かさが映えますし、年月が経ってその美しさが増すという点もメリットとなっています。

 

 

日本ハウスHDの口コミの総評

日本ハウスHDについて様々な異なる口コミが寄せられています。

悪い意見もありますし、好意的なコメントもあります。

全体的にはコスパの良さを評価する声が多く、満足度が高いことが伺えます。

住宅メーカーを選ぶ参考とするためにも、いろいろな意見をチェックして公平な判断を下せるようにしたいものです。

 

日本ハウスHDの良い口コミ

「自分たちの好みの家にしたかったので、注文住宅であるというのは譲れませんでした。でも、他のハウスメーカーはちょっと予算が厳しくて、こちらで検討を進めることにしました。あまり追加費用のかかるオプションは選ばず、ほぼ標準仕様という感じで注文しました。それでもかなり充実していてきれいで、標準プランで十分だったと満足しています。」

 

「価格が安いので保証とかに心配がありました。しかし、引き渡し後も定期的に連絡をくださったり、点検やメンテナンスの予定を組んでくれたりと結構しっかりとしたアフターサービスがあります。営業担当者も親切で、打ち合わせでも度々要望を変更しましたが、嫌な顔をせずに対応してくださいました。」

 

「内装が気に入っています。もともと木を使ったナチュラルな雰囲気の家にしたいと思っていたので、まさにぴったりの仕上がりとなりました。ヒノキの独特の雰囲気は和室はもちろん、リビングなどにも合って落ち着いた空間にすることができました。断熱性が良くて冬でも暖かいというのも気に入っている点です。」

 

 

日本ハウスHDの悪い口コミ

「仮契約をすることになったのですが、その時に100万円の契約金が必要ですと言われたのは困りました。建築費用はローンなどでまかなう予定だったので、別途100万円を用意する必要があったからです。もちろん、それも工費の中に含まれるのでトータルとしては損をしないのですが、他のメーカーよりも高くて苦労しました。」

 

「もともと価格が安いというのも大きいのでしょうが、値引きはほとんどしてくれませんでした。代わりに値引きを少なくして、洗面所の設備をちょっとグレードアップしてもらうことにしました。価格交渉も打ち合わせの楽しさの一つという感覚なので、もうちょっと値引きに応じてくれたり、その姿勢を見せてくれたりするといいかなと思いました。」

 

「ちょっと内装の仕上がりが安い感じでした。木の感じを活かすために、ホワイトの壁に統一しようと考えたのですが、なんとなくさっぱりし過ぎてしまいイマイチでした。壁の仕上げ材があまり高級感がないからかと思います。またリフォームをする時になって、少し雰囲気を変えてみるしかないと諦めました。」

 

 

総評

日本ハウスHDは、坪単価は50万円から70万円くらいと注文住宅メーカーとしてはかなりリーズナブルな価格帯となっています。

しかも、ヒノキをぜいたくに使った仕様や、ZEH条件の達成といった品質の高さも特徴でコスパに優れているのがメリットです。

デザイン性も高くあらゆる層に愛される家造りができるのもポイントです。

標準仕様でも十分満足できる商品ラインナップですが、設備のグレードを上げたり、建具のデザインにこだわったりすることで、予算に見合ったより良い家にできます。

 

日本ハウスHDは郊外から都心部に至るまで、あらゆるエリアに対応できる住宅を提供しています。

土地の状況なども考えつつ、自分たちの要望を十分に反映できるよう、担当者と綿密に話し合いを重ねて満足できるマイホームを作りましょう。

 

 

日本ハウスHDの会社情報

社名株式会社日本ハウスホールディングス
所在地〒102-0072
千代田区飯田橋四丁目3番8号
日本ハウスHD飯田橋ビル
設立昭和44年2月13日
資本金38億7,337万円
上場取引所東京証券取引所 プライム市場
事業内容・在来木造住宅の設計・施工・監理・販売
・リフォーム・メンテナンス
・分譲マンション等の企画・設計・施工・販売

 

 

坪単価はハウスメーカーによっても変わる

注文住宅を建てる際には、多くのハウスメーカーの中から、提案されている商品やオプションなどによって一つを選びます。

何を重視してメーカー選びをするかは多種多様ですが、ハウスメーカーごとに目安となる坪単価が異なる点は念頭に入れておきたいものです。

ハウスメーカーは、坪単価によってローコスト系とミドルコスト系、そしてハイコスト系に分類できます。それぞれ、どのぐらいの坪単価が目安となり、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ローコスト系ハウスメーカーの坪単価

ローコスト系ハウスメーカーの中には、タマホームのように全国展開しているメーカーもあれば、地域密着型の工務店まで様々です。

坪単価の目安としては30万円~50万円程度で、大手ハウスメーカーの平均となる70万円~80万円と比べると、リーズナブルな価格で住宅を建てられます。

これは坪単価なので、住宅の面積によって実際にかかる建物販売価格は異なります。

 

しかし多くの場合、1,000万円から2,000万円ぐらいの建物価格に設定されているケースが多く、初めて住宅を購入する人が検討したいタイプの住宅と言えるでしょう。

ローコスト系ハウスメーカーの住宅は、インテリアや間取りなどに関してのカスタマイズ選択肢が少ないという特徴があります。

 

すでに決められている間取りやインテリアをそのまま受け入れられる人なら、ローコスト系ハウスメーカーの注文住宅でも、十分に満足できる可能性は高いでしょう。

ただし、住む人のライフスタイルやこだわりに合わせてカスタマイズしたい人にとっては、選択肢が少ないという点で物足りなく感じるかもしれません。

 

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価は、約50万円~60万円ぐらいが目安となります。

全国展開しているメーカーなら、ヤマダホームズや一条工務店などが該当するでしょう。

 

ミドルコスト系のメーカーは、ローコスト系の住宅と比較すると設備が充実していることが多いです。

大手メーカーの坪単価よりも若干リーズナブルなので、満足度が高い住宅をお買い得な価格で建てられる点が、ミドルコスト系の最大の魅力です。

 

デメリットは、ローコスト系と同様に、カスタマイズ性がそれほど充実していないという点があげられます。

完全フリースタイルで住宅を建てたい人にとっては、ミドルコストでも十分な満足度を得られないかもしれません。

 

ハイコスト系ハウスメーカーの坪単価

ハイコスト系は、大手ハウスメーカーが多く、坪単価は70万円以上が目安です。

メーカーごとに複数の商品をラインナップしており、それぞれ坪単価は異なります。

しかし、ハイコスト系ハウスメーカーの中でも定番商品や主力商品となっている商品の多くは、坪単価は70万円~80万円程度に抑えられていることが多く、オプションを装備することで坪単価が高くなる仕組みとなっています。

ちなみに、ハイコスト系のハウスメーカーの中でも全国展開しているメーカーだと、ヘーベルハウスや住友林業あたりが該当します。

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-日本ハウスHD
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.