最新標準仕様・装備の資料を無料で一括ゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!


最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ!

取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!

そうなんだ!!
せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!

オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!

え〜!!
そんなにお金がかかるの!!
しっかり事前に調べる必要があるわね!

だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!

どんなサービスなの?

家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ!

そのハウスメーカーからカタログや間取りプランをもらえるサービスニャ!

無料だから試してみてニャ!

無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

・完全無料
・最新カタログ一括GET
・間取りプランや資金計画もGET

無料サービスはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

大和ハウス

大和ハウスの坪単価を詳しく紹介!商品別の費用相場を確認してみよう!

 

この記事では、公開されている情報をもとに『大和ハウス』の坪単価や家の価格・費用相場についてまとめています。

大和ハウスは、1947年に設立し1955年から操業がスタートした大手ハウスメーカーです。

これまでに190万戸以上の建築実績があり、戸建てからマンションまで幅広く住宅を取り扱っています。

他のハウスメーカーと比較した場合、大和ハウスが取り扱う住宅の坪単価はどうなのでしょうか?取り扱う商品ごとに細かくご紹介しましょう。

 

 

大和ハウスの住宅の特徴について

大和ハウスは、平屋や2階建てなどニーズが高い住宅に加えて、5階までの住宅を取り扱っています。

また二世帯住宅にも力を入れており、多くのユーザーから支持を受けています。

木造住宅をはじめ、木造とRC造をミックスした住宅なども手掛けているものの、耐震性のある鉄骨住宅は大和ハウスの中でも主力商品として人気があります。

 

大和ハウスの耐震設計は、住宅商品ごとに独自の技術を採用しているという点が特徴です。

メーカーが独自に行った耐震実験によると、阪神淡路大震災以上の揺れにも耐えられる優秀な耐震構造となっています。

 

大和ハウスでは、最長30年間の初期保証がついています。

保証を延長することで最大60年まで手厚く保証してもらえることもまた、このハウスメーカーの魅力と言えるでしょう。

 

 

大和ハウスの坪単価について

大和ハウスの坪単価は70万円~80万円程度が目安となります。

他のハウスメーカーと比較すると平均的な相場で、大手ハウスメーカーとしてはとても良心的な坪単価と言えるでしょう。

大和ハウスでは、自然災害に強い耐震性のある住宅を提案していたり、保証制度が充実しているなどの魅力があります。

そうした安心感をこの坪単価で購入できることは、大和ハウスの大きなメリットと言えます。

 

 

大和ハウスの建坪ごとの建築価格と総費用

ここでは実際に大和ハウスで建築した住宅の建築事例をもとに建坪ごとの坪単価や基本価格をまとめています。

大和ハウスの20坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
20坪(66.0m2)1,400万円~1,600万円1,800万円~2,000万円
24坪(79.2m2)1,680万円~1,920万円2,080万円~2,320万円
28坪(92.4m2)2,160万円~2,240万円2,560万円~2,640万円

 

大和ハウスの30坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
30坪(99.0m2)2,100万円~2,400万円2,500万円~2,800万円
34坪(112.2m2)2,380万~2,720万円2,780万円~3,120万円
38坪(125.4m2)2,660万円~3,040万円3,060万円~3,440万円

 

大和ハウスの40坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
40坪(132.0m2)2,800万円~3,200万円3,200万円~3,600万円
46坪(151.8m2)3,220万円~3,680万円3,620万円~4,080万円

 

メモ

建築総費用は、基本価格に外構などの「別途工事費用」および登記費用や住宅ローンの手続き「諸費用」などの費用(300万円~400万円が目安)が追加で必要になります。

 

 

他社ハウスメーカーと大和ハウスの坪単価比較

ここでは大和ハウスの坪単価と比較するために、他の大手ハウスメーカーの坪単価を参考までに掲載しています。

ハウスメーカー坪単価
大和ハウス70万円~80万円
へーベルハウス80万円~150万円
ミサワホーム60万円~110万円
セキスイハイム60万円~120万円
三井ホーム80万円~110万円
積水ハウス80万円~105万円
土屋ホーム65万円~75万円
ヤマダホームズ55万円~80万円
ウィザースホーム40万円~90万円
住友不動産45万円~75万円
アキュラホーム45万円~80万円
タマホーム35万円~80万円
一条工務店50万円~80万円
無印良品の家60万円~90万円

 

 

大和ハウスの平屋の坪単価と費用相場について

大和ハウスの平屋

出典:大和ハウス

大和ハウスが取り扱う平屋住宅には、住む人が自由に居住空間をカスタマイズできる点が人気のxevo ADVANCEをはじめ、寛ぎや窓から見える景色など、こだわりを住宅に反映できるxevoGranWood -平屋暮らし-などがあります。

大和ハウスの平屋の坪単価は、メーカーの平均的な相場となる70万円~80万円程度です。

その中でも予算をできるだけ低く抑えたい人なら、ハイスペックな仕様が標準装備されているxevo ADVANCEがおすすめです。

選択肢をあえて減らすことで、坪単価を抑える配慮がされています。

一方、耐震性を重視したxevoGranWood -平屋暮らし-は、木造住宅向けの構造解析を一つ一つの住宅に対して行うといったハイスペックな商品です。

そのため、坪単価は若干高めとなります。

 

 

大和ハウスの3階建ての坪単価と費用相場について

大和ハウスの3階建て

出典:大和ハウス

大和ハウスでは、3階建て住宅も取り扱っています。

その中でも強度を重視したskye3は、重量の鉄骨構造となっているのが特徴で、万が一の地震に対しても高い耐震性があります。

5階建てまでに対応している住宅構造が3階建て住宅にも適用されており、住む人にとっては大きな安心感があります。

skye3の坪単価は80万円~ですが、オプションを追加することで坪単価は150万円程度まで上がる可能性もあります。

 

xevoGranWood -都市暮らし-でも、3階建て住宅を提供しています。

こちらは都市部の住宅が抱える問題に重点を当てているのが特徴で、狭小住宅や規制に対する解決策を提案しています。

限られたスペースを最大限に活用しながらプライバシーも保護できるという点が魅力の商品です。

坪単価はメーカーの平均的な80万円~です。

 

 

大和ハウスの商品別坪単価

大和ハウスでは、たくさんの商品を取り扱っています。

商品ごとに特徴が異なるほか、適用されている技術やノウハウも異なります。

例えば同じ木造住宅でも、木造住宅の良さを生かした商品もあれば、木造でも鉄骨住宅に使う技術を適用することで強度を高めている商品などもあります。

また平屋と3階建てとでは、適用する技術やノウハウが異なります。

こうした細かいスペックは、坪単価として反映されています。

ここでは、大和ハウスが取り扱う商品ごとの坪単価をチェックしてみましょう。

 

大和ハウスの『xevoΣ(ジーヴォシグマ)』の坪単価

大和ハウスのxevoΣ

出典:大和ハウス

大和ハウスが手掛けるxevoΣ(ジーヴォシグマ)シリーズの中でも、最もスタンダードな注文住宅がxevoΣ(ジーヴォシグマ)です。

xevoΣ(ジーヴォシグマ)の坪単価は同じシリーズの上級モデルと比較するとリーズナブルで80万円程度が目安です。

建物本体の購入価格は3,200万円程度からとなっており、予算が限られている人にとってはぜひ検討したい商品ではないでしょうか。

 

この商品は、建物の壁にエネルギーを吸収する耐力壁D-MΣQSTを採用している点が特徴で、これは鉄骨がシグマの形状をしていることで震度7レベルの地震でも倒壊しないというメリットがあります。

その他にも、天井が高く開放感を感じられるデザインや、グランフルサッシを使って天井部分を開口することで、自然光をうまく取り入れる工夫がされています。

気密性が高い構造なので、冷暖房の効率が良いという点もまた、xevoΣの魅力です。

 

 

大和ハウスの『xevoΣ PREMIUM(ジーヴォシグマプレミアム)』の坪単価

大和ハウスのxevoΣPREMIUM

出典:大和ハウス

リーズナブルな予算でも上質な暮らしを楽しみたい人に大人気のxevoΣ(ジーヴォシグマ)ですが、その中でも最上級モデルとして発売されてるのがxevoΣ PREMIUM(ジーヴォシグマプレミアム)です。

外観の高級さや風格にこだわったデザインが特徴のハイグレードな注文住宅で、メンテナンス性にも優れています。

例えば外壁には5層コーティングが採用されており、汚れにくさを実現しています。

また耐震性が高く、室内で感じる揺れが半分以下に抑えられるなど、機能的にも優秀です。

最新の技術を駆使した壁素材には、エネルギーを吸収できるタイプの耐力壁が用いられており、室内の快適さに貢献しています。

xevoΣPREMIUM(ジーヴォシグマプレミアム)は、ハイグレードな住宅なので他のxevoΣシリーズと比較して高めとなり、坪単価は100万円~150万円程度が目安で、建物本体の購入価格は30坪で4,500万円から8,000万円程度が相場となります。

 

 

大和ハウスの『PREMIUM GranWood(プレミアムグランウッド)』の坪単価

大和ハウスのプレミアグランウッド

出典:大和ハウス

大和ハウスのPREMIUM GranWood(プレミアムグランウッド)は、ワンランク上の安全性と快適性、そしておしゃれなデザインを兼ね備えた木造の注文住宅として人気があります。

採光の方法までち密に計算された居住空間は、住む人を最高のリラックスへといざなってくれます。

またこの商品では、窓から見える光景についても計算しており、石垣や外壁に関しても、上質なものにこだわっている点が魅力です。

 

PREMIUM GranWood(プレミアムグランウッド)は上質の素材や最新技術を駆使した商品のため、坪単価は他の商品と比較して若干高めの100万円~150万円程度が相場です。

建物本体の購入価格は、2,800万円~6,000万円ぐらいを目安にすると良いでしょう。

 

 

大和ハウスの『xevoGranWood』の坪単価

大和ハウスのグランウッド

大和ハウスが持つ最高の鉄骨技術を木造住宅に適用した商品の中でもスタンダードがモデルとして人気なのは、xevoGranWood(ジーヴォグランウッド)です。

日本の伝統的な木造住宅を堪能できるよう、居住空間のあらゆるところにリラックス機能が装備されています。

どんなライフスタイルの人でも、またどんなライフステージの人でものんびり寛げる仕様となっている点が特徴で、一つ一つの住宅ごとに構造解析をすることで、耐震性を高めています。

スタンダードなモデルとはいえ、高い技術を駆使しているxevoGranWoodは、坪単価は80万円~100万円程度が目安です。

かかる建物本体価格は2,000万円~3,400万円程度を見積もると良いでしょう。

 

 

大和ハウスの『 xevo LIMITED 22』の坪単価

大和ハウスのリミテッド22

出典:大和ハウス

大和ハウスの中でも主力商品となるxevo シリーズの中でも組み合わせを楽しみながら、住む人がカスタマイズできるデザイン性を提供しているのが、xevo LIMITED 22(ジーヴォリミテッド22)です。

xevo LIMITED 22(ジーヴォリミテッド22)の坪単価は80万円~90万円程度で、建物本体価格なら2,000万円~3,300万円程度が相場となっています。

 

xevo LIMITED 22はセミオーダータイプの商品で、事前に提供されている選択肢を組み合わせることで住まいを作り上げていきます。

インテリアスタイルなら8種類、外観のスタイルなら5種類など、組み合わせの総数はなんと200通り。

完全注文住宅よりも予算を抑えながら、自分らしさを住宅に反映できる点が、この商品の魅力です。

 

大和ハウスの住宅を選ぶメリット

大和ハウスの住宅を選ぶメリットは、たくさんあります。

 

1つ目のメリットは、耐震性が高い住宅が建つという点です。

独自のテクノロジーをそれぞれの商品に活用することによって、どの商品を選んでも安心できる耐震性が期待できます。

特に、メーカーが取り扱う商品の中でも主力商品となっているxevoΣは、震度7の地震にも耐えられる耐震構造がスタンダート装備となっています。

大和ハウスなら、リーズナブルにハイスペックな住宅が手に入ります。

 

2つ目のメリットは、保証が充実しているという点です。

初期保証は30年、その後は有料メンテナンス工事を実施することで60年間しっかり住まいを守れます。

その他にも、引っ越しなどで不要になった住宅を賃貸に出すことで家賃収入を得られるマイホーム借り上げ制度もあります。

 

3つ目のメリットは、良質で洗練されたデザインという点です。

住む人誰もが寛げる空間をコンセプトとし、プロのデザイナー集団がこだわりを見事に反映させた商品ばかりです。

 

 

大和ハウスの口コミの総評

大和ハウスは、これまでに数多くの建築実績があります。

全国各地に大和ハウスが手掛けた住宅があり、多種多様なライフスタイルや家族構成の人が暮らしています。

実際にダイワハウスで住宅を建設した人は、どんな感想を持っているのでしょうか。

 

営業マンの優秀さが大和ハウスに決めたポイントです。

複数のハウスメーカーを訪問しましたが、大和ハウスは住む人の目的やニーズに合った住宅を紹介してくれるという点がとても気に入りました。

他のメーカーでは、主力商品を進めてくることが多かったのですが、大和ハウスだけは、家を購入したい動機やきっかけ、家をどんなふうに使いたいかという点をヒアリングしたうえで、ぴったりの商品を紹介してくれました。

自分たちでは、そうした細かい点まで考えたことがなかったのですが、ヒアリングの中で家に対する考え方がより具体的となりました。

おかげで、住宅を購入してからはとても住みやすく、家族全員が満足しています。

皆が毎日ハッピーに過ごせるせいでしょうか、家族仲もとても良いです。

本当に大和ハウスを選んでよかったと思います。

 

住宅は確かに機能的。だけど見積もりが高くて手が出ませんでした。

大和ハウスは、確かに耐震性が高く、住宅の機能としては優秀だと思います。

それでも、坪単価が90万円以上というのは、正直僕には手が届かない範囲でした。

一生に何度も購入するものではないので、スペックなどで妥協したくはありませんが、サラリーマンとしては予算があります。

素晴らしい住宅でも価格が高すぎてしまうと、ローンの支払いなどもあり、長く住み続ける上では僕にとってはデメリットになるかなと思い、大和ハウスで住宅を購入するのはあきらめました。

もしも営業マンが、坪単価を少しでもディスカウントしてくれたなら、こちらも考え直そうかなと思ったでしょう。

最初からディスカウントできないほどの底値で見積もりを出してくれているのかもしれませんが、営業マンの力量も僕の満足度に関係しているのかなという気もします。

 

総評

住む人の希望やこだわりを住宅に反映できるだけでなく、高い耐震性がある住宅を提供している大和ハウスは、口コミでも高い人気があります。

営業マンの対応がとても良く、しっかりとヒアリングに時間をかけて住む人のニーズを見極めたうえでぴったりの商品を紹介するという姿勢もまた、ユーザーから高く評価されているポイントと言えるでしょう。

坪単価はオプションによっては高くなることはありますが、仕様やスペック、そしてこだわりのバランスを考えながら一つ一つを吟味したいものです。

上手に商品シリーズごとの違いを把握した上で、自分たちの要望を上手に伝えて快適な家を作り上げていくようにしましょう。

 

 

大和ハウスの会社情報

社名大和ハウス工業株式会社
DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD.
所在地大阪市北区梅田3丁目3番5号
設立1955年4月5日(設立1947年3月4日)
資本金1,618億4,518万4,151円
従業員数16,535人(2022年4月1日)
事業内容

・建築事業
【住宅系】
戸建住宅(注文住宅・分譲住宅)、賃貸住宅(アパート・寮・社宅)、分譲マンション等の企画・設計・施工・販売、別荘地の販売
【建築系】
商業施設(店舗・ショッピングセンター)、物流施設(物流センター・配送センター・食品施設)、医療・介護施設、法人施設(事務所・ショールーム)の企画・設計・施工・リフォーム
・都市開発事業
宅地・工業団地の企画・設計・施工・販売、再開発事業
・海外事業
不動産開発事業
・その他
環境エネルギー事業

 

 

坪単価はハウスメーカーによっても変わる

注文住宅を建てる際には、多くのハウスメーカーの中から、提案されている商品やオプションなどによって一つを選びます。

何を重視してメーカー選びをするかは多種多様ですが、ハウスメーカーごとに目安となる坪単価が異なる点は念頭に入れておきたいものです。

ハウスメーカーは、坪単価によってローコスト系とミドルコスト系、そしてハイコスト系に分類できます。

それぞれ、どのぐらいの坪単価が目安となり、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ローコスト系ハウスメーカーの坪単価

ローコスト系ハウスメーカーの中には、タマホームのように全国展開しているメーカーもあれば、地域密着型の工務店まで様々です。

坪単価の目安としては30万円~50万円程度で、大手ハウスメーカーの平均となる70万円~80万円と比べると、リーズナブルな価格で住宅を建てられます。

これは坪単価なので、住宅の面積によって実際にかかる建物販売価格は異なります。

 

しかし多くの場合、1,000万円から2,000万円ぐらいの建物価格に設定されているケースが多く、初めて住宅を購入する人が検討したいタイプの住宅と言えるでしょう。

ローコスト系ハウスメーカーの住宅は、インテリアや間取りなどに関してのカスタマイズ選択肢が少ないという特徴があります。

 

すでに決められている間取りやインテリアをそのまま受け入れられる人なら、ローコスト系ハウスメーカーの注文住宅でも、十分に満足できる可能性は高いでしょう。

ただし、住む人のライフスタイルやこだわりに合わせてカスタマイズしたい人にとっては、選択肢が少ないという点で物足りなく感じるかもしれません。

 

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価は約50万円~60万円ぐらいが目安となります。

全国展開しているメーカーなら、ヤマダホームズや一条工務店などが該当するでしょう。

 

ミドルコスト系のメーカーは、ローコスト系の住宅と比較すると設備が充実していることが多いです。

大手メーカーの坪単価よりも若干リーズナブルなので、満足度が高い住宅をお買い得な価格で建てられる点が、ミドルコスト系の最大の魅力です。

 

デメリットは、ローコスト系と同様に、カスタマイズ性がそれほど充実していないという点があげられます。

完全フリースタイルで住宅を建てたい人にとっては、ミドルコストでも十分な満足度を得られないかもしれません。

 

ハイコスト系ハウスメーカーの坪単価

ハイコスト系は、大手ハウスメーカーが多く、坪単価は70万円以上が目安です。

メーカーごとに複数の商品をラインナップしており、それぞれ坪単価は異なります。

しかし、ハイコスト系ハウスメーカーの中でも定番商品や主力商品となっている商品の多くは、坪単価は70万円~80万円程度に抑えられていることが多く、オプションを装備することで坪単価が高くなる仕組みとなっています。

ちなみに、ハイコスト系のハウスメーカーの中でも全国展開しているメーカーだと、ヘーベルハウスや住友林業あたりが該当します

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-大和ハウス
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.