最新標準仕様・装備の資料を無料で一括ゲットしよう!

ハウスメーカーごとでキッチン、お風呂、トイレなどの標準仕様・装備は異なるの?!


最新の設備が標準になっているハウスメーカーもあれば、最新にするにはオプション料金が発生する場合もあるニャ!

取扱っている設備メーカーもそれぞれ異なるから、きちんとハウスメーカーごとに比較して調べた方がいいニャ!

そうなんだ!!
せっかく家を建てるんだから最新の設備にしたいもんね!

オプションで最新の設備にした場合、数十万円〜数百万円くらいかかる場合もあるニャ!

え〜!!
そんなにお金がかかるの!!
しっかり事前に調べる必要があるわね!

だから事前に無料サービスを使って、まとめてハウスメーカーごとの資料をゲットしようニャ!

どんなサービスなの?

家を建てたいエリア、間取り、家の広さなど条件を入力して、興味のあるハウスメーカーを選択するだけニャ!

そのハウスメーカーからカタログや間取りプランをもらえるサービスニャ!

無料だから試してみてニャ!

無料で利用できるなら、使わなきゃ損ね!

おすすめ無料サービス

・完全無料
・最新カタログ一括GET
・間取りプランや資金計画もGET

無料サービスはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの坪単価を詳しく紹介!費用相場を確認してみよう!

 

この記事では、公開されている情報をもとに『スウェーデンハウス』の坪単価や家の価格・費用相場についてまとめています。

海外ハウスメーカーには、国内メーカーにはない魅力があります。

コンセプトの違うデザインや、海外ならではの特性を生かした住宅性能といった点です。

スウェーデンハウスはその代表格で人気が高いです。

このメーカーの特徴をチェックすると同時に、価格帯についても調べてみましょう。

 

ユニバーサルホームの標準仕様
ユニバーサルホームの標準仕様について紹介!信頼感と納得の標準装備はこちら♪

  この記事では、公開されている情報をもとに『ユニバーサルホーム』の標準仕様(標準装備)についてまとめています。   ユニバーサルホームは主に構造に力を入れているハウスメーカーです ...

続きを見る

 

 

スウェーデンハウスの住宅の特徴について

スウェーデンハウスは、北欧の国スウェーデンの建築様式を取り入れた注文住宅メーカーです。

北欧は厳しい寒さと闘う必要があり、その特性が住宅にも生かされています。

高気密高断熱を実現するために、特殊な工法を採用していますし、窓もトリプルガラスなどを使うなど使用する建材も徹底しています。

さらに、スウェーデンハウスではスウェーデンで育った樹齢が長い木材だけを使っています。

北欧の木材は密が細かく硬くて丈夫であるというメリットを持っています。

それを輸入して日本の建築基準に合った形で建築しています。

デザインも北欧らしいおしゃれかつシンプルなもので、幅広い層に愛される住宅となっています。

 

スウェーデンハウスの坪単価について

スウェーデンハウスの住宅の坪単価は80万円から90万円というところです。

注文住宅メーカーとしては、ミドルクラスからちょっと高級な部類に入るでしょう。

やはり高価な輸入木材を使用していることや、かなり精密な工法を採用している点が関係しています。

しかし、国内メーカーにはないオリジナリティーあるデザインや堅牢な造りは、価格以上の価値があります。

シリーズも複数用意されていますので、それぞれの価格も比較検討してみましょう。

標準仕様そのものが充実しているので追加費用が高くならないのも特徴です。

 

スウェーデンハウスの建坪ごとの建築価格と総費用

ここでは実際にスウェーデンハウスで建築した住宅の建築事例をもとに建坪ごとの坪単価や基本価格をまとめています。

スウェーデンハウスの20坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
20坪(66.0m2)1,600万円~1,800万円2,000万円~2,200万円
24坪(79.2m2)1,920万円~2,160万円2,320万円~2,560万円
28坪(92.4m2)2,240万円~2,520万円2,640万円~2,920万円

 

スウェーデンハウスの30坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
30坪(99.0m2)2,400万円~2,700万円2,800万円~3,100万円
34坪(112.2m2)2,720万~3,060万円3,760万円~2,780万円
38坪(125.4m2)3,040万円~3,420万円3,440万円~3,820万円

 

スウェーデンハウスの40坪台の価格相場

坪数基本価格総費用
40坪(132.0m2)3,200万円~3,600万円3,600万円~4,000万円
46坪(151.8m2)3,680万円~4,140万円4,080万円~4,540万円

 

メモ

建築総費用は、基本価格に外構などの「別途工事費用」および登記費用や住宅ローンの手続き「諸費用」などの費用(300万円~400万円が目安)が追加で必要になります。

 

他社ハウスメーカーとスウェーデンハウスの坪単価比較

ここではスウェーデンハウスの坪単価と比較するために、他の大手ハウスメーカーの坪単価を参考までに掲載しています。

 

ハウスメーカー坪単価
スウェーデンハウス80万円~90万円
へーベルハウス80万円~150万円
ミサワホーム60万円~110万円
セキスイハイム60万円~120万円
三井ホーム80万円~110万円
積水ハウス80万円~105万円
土屋ホーム65万円~75万円
ヤマダホームズ55万円~80万円
ウィザースホーム40万円~90万円
住友不動産45万円~75万円
アキュラホーム45万円~80万円
タマホーム35万円~80万円
一条工務店50万円~80万円
無印良品の家60万円~90万円

 

スウェーデンハウスの平屋『ビヨルク』の坪単価と費用相場について

スウェーデンハウスのビヨルク

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスでは、たいていの商品で平屋が可能となっています。

その中でも、『ビヨルク』というシリーズはデザインや仕様の関係から平屋に向いています。

スウェーデンハウスの平屋住宅『ビヨルク』の坪単価は80万円から90万円が一般的です。

40坪の床面積であれば、3,000万円台前半で建てられるでしょう。

バリアフリーのフラットな床で安全に動けることや、天井が高くゆとりのある部屋にできるのが魅力です。

また、いつでも春のような心地よさを感じられる高気密住宅で、省エネという観点からもメリットが大きいです。

 

スウェーデンハウスの3階建ての坪単価と費用相場について

スウェーデンハウスでも、シリーズによって3階建てにすることができます。

スウェーデンハウスの3階建て住宅の坪単価は82万円から90万円程度で考えることができるでしょう。

土地の形状や床面積、設備の内容などによって実際の工費は変わってきますので、綿密に打ち合わせをして最終的な見積もりを出してもらう必要があります。

シンプルなデザインですので、3階建てにしても都会の街並みの雰囲気とマッチします。

また、ベランダの造りを工夫することで、のんびりとできるスペースを持てるなどの工夫がなされているのもおすすめポイントです。

 

スウェーデンハウスの商品別坪単価

スウェーデンハウスでは、デザインコンセプトや採用している建材、間取りの自由度、設備の内容といった違いを持つ、いくつかのシリーズを提供しています。

仕上がりイメージが変わってきますし、向いているライフスタイルや家族構成にも差が出てきます。

当然、それぞれの商品で坪単価も変わってきて、最大で2割程度の価格差が出てくることもあります。

間取りの造りなども関係してきますので、早い段階で商品を絞り込めるように考えをまとめておくと良いです。

 

スウェーデンハウスの『ミューク』の坪単価

スウェーデンハウスのミューク

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの『ミューク』の坪単価は80万円から90万円100万円弱となっていて、スウェーデンハウスの中でもハイグレードな商品となります。

家族で快適に過ごせるようにと、キッチンやリビングの設計や設備にこだわっているのが特徴的です。

全体的にゆとりのある空間を作ることを目的としていて、家族が集えるスペースを提供してくれます。

外観デザインは2種類用意されていて、現代モダンな都市型住宅をイメージしたものと、郊外ののんびりとした雰囲気を与えるデザインがあります。

シンプルながらもこだわりを感じさせるデザインで、愛着の持てる家になってくれること間違いなしです。こうしたデザイン性の良さがおすすめできる点です。

 

スウェーデンハウスの『サキタテ』の坪単価

スウェーデンハウスのサキタテ

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの『サキタテ』の坪単価は65万円から80万円程度で設計の仕方によってはリーズナブルに建てられるシリーズです。

40坪くらいの床面積であれば、2,000万円台前半が目安となります。

このシリーズは、若い世代をメインとして想定していて、家と共に成長していくということをコンセプトにしています。

インテリアは北欧らしいシンプルなホワイトをベースとしています。

そこに自分たちで好きな雑貨や家具を配置することで、その時々の好みに合わせたアレンジができる仕組みです。

年数が経過してもカスタマイズがしやすい作りでもあり、ずっと愛着を持てる家となります。

健康的な毎日を送れるよう、化学物質の使用を控えている点にも注目できます。

 

スウェーデンハウスの『ヒュースエコゼロ』の坪単価

スウェーデンハウスのヒュースエコゼロ

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの『ヒュースエコゼロ』の坪単価は80万円から100万円程度でグレードの高いシリーズと言えます。

フュースエコゼロの特徴は標準でZEH基準をクリアしているという点です。

太陽光発電を備えると共に、高断熱高気密の造りとすることで、電力の自家消費だけでエネルギーをまかなうことができるのが強みです。

電気代をゼロにできるという意味でもあり、環境性能だけでなく経済性も高い住宅です。

こうしたことから、坪単価自体は高いとしてもランニングコストが安く済み、長期的に見ると経済的な負担が減るというメリットがあります。

これが一番のおすすめポイントでしょう。

それに断熱性が高いため、室温の変化が少なく一日中心地よい状態で過ごせるのも魅力です。

 

スウェーデンハウスの『レイディアンス』の坪単価

スウェーデンハウスのレイディアンス

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの『レイディアンス』の坪単価は80万円から100万円が目安です。

一般的な造りであれば、3,200万円前後を見込んでおくと良いでしょう。

このシリーズの特徴は大きく取られた窓で、採光が良く明るい室内となります。

また、高級感のある外壁を用い、重厚な北欧の住宅といったデザインに仕上げているのも魅力です。

スウェーデンの美しい木材を巧みに用い、内装のアクセントとしているのも人気が高い理由と言えます。

年月とともに木材の美しさが高まっていきますので、いつまでも魅力的な住まいとして存在してくれます。

耐震性の高い工法を採用していて、防犯にも考慮した造りなので家族を守るための家としても機能します。

 

スウェーデンハウスの『ボーラヴォーラ』の坪単価

スウェーデンハウスのボーラヴォーラ

出典:スウェーデンハウス

スウェーデンハウスの『ボーラヴォーラ』の坪単価は85万円から100万円程度となっています。

40坪くらいの床面積であれば、3,600万円程度を目安にすることができます。

このボーラヴォーラというシリーズは、家族が趣味を楽しめるというのがコンセプトとなっています。

家で好きなことをして、時間を忘れて過ごすことができるよう、趣味のスペースを重視して作れます。

スウェーデン人のゆとりのあるライフスタイルから学び、家で贅沢な時間を持てる工夫が随所になされています。

リビングとは別に広々としたスペースを趣味のために設けたり、屋外との接続を良くしたりしてDIYなどをしやすくしています。

国内メーカーではあまり見られない造りで、輸入住宅ならではの魅力が詰まっているのがおすすめポイントです。

 

スウェーデンハウスの住宅を選ぶメリット

スウェーデンハウスの魅力は、まずその北欧調のデザインにあります。

シンプルでありながらも洗練された造りとなっていて、あらゆる世代から愛される見た目です。

そのため、若い世代がスウェーデンハウスで家を建てて、年を重ねていってもずっと愛着を持ち続けられるわけです。

設計も自由度が高くて、ゆとりのある間取りにしたり趣味の場所を設けたりしやすいのも特徴です。

また、環境性能に非常に優れているのもメリットです。

ZEH条件クリアの商品もありますが、スウェーデンハウスではエネルギー消費自体を低くするという特徴があります。

他のハウスメーカーでは、ZHEをクリアするために太陽光発電モジュールを大容量にする傾向があります。

しかし、それでは設備費用が高くなります。

一方のスウェーデンハウスは、断熱性・気密性を高めてエネルギーを無駄に使わなくて済むようにすることでZEHクリアを達成しているのです。

 

スウェーデンハウスの口コミの総評

スウェーデンハウスについての口コミは、総じて好意的な意見が多いです。

やはり独自性が強くファンが多いからです。

同時に、価格面での不満があるといった意見も見られます。

様々な角度からの口コミをチェックして、バランスの取れた判断ができるようにすることが大事です。

 

スウェーデンハウスの良い口コミ

「スウェーデンハウスさんにした理由は、やっぱりその見た目の良さです。もともと北欧のデザインが好きで、家具やカトラリーなどもそろえていました。そうしたアイテムに合う家ということで、自然とこちらになりました。シンプルな分、インテリアもいろいろと変えやすくて、家族みんなで模様替えを楽しめるという良さもあります。」

 

「とにかく冬暖かいというのにびっくりしています。ちょっとエアコンで室温を上げれば、後はオフにしても結構な時間そのままで過ごせます。しかも、家中が暖かいのでトイレに行く時やお風呂に入る時などもキツイ思いをしなくて済みます。おかげで、電力代がかなり下がったので、毎月の家計も助かっています。」

 

「全体的にゆとりがあって開放感のある間取りになっているのがうれしいです。窓は大きいですし、部屋も広く天井も高いです。ゆったりとした気持ちになれるので、仕事でストレスを抱えて帰ってきても、すぐに発散できます。家族で集まる時間が増えてコミュニケーションを取りやすくなったというのもうれしいところです。」

 

スウェーデンハウスの悪い口コミ

「保証期間が短いのが気になりました。一応初期保証は10年となっていますが、他の注文住宅メーカーだと20年とか長いところだと30年なんてところもあるので、大丈夫かなという心配があります。トラブルが起きているわけではないのでいいのですが、将来何かあった時に困らないかと思ってしまう時もあります。」

 

「高級な家というイメージがありましたが、実際に見積もりを出してもらったら、やっぱりかなり高くて予算オーバーでした。高断熱などは魅力ですが、他のハウスメーカーでも同じような性能のところがあります。それに比べると結構割高な感じがします。輸入住宅ということで同じスペックなら、どうしても高くなってしまうのでしょうか。」

 

「暖炉など、ついつい北欧住宅ということで、それに合わせていろいろな設備を付けてしまいました。でも、実際に住んでみると掃除などが面倒で使わないものです。そもそも、結構暖かい家なので、ずっと暖炉を焚いていると逆に暑いかもしれません。あまりオプションは付けなくても良いのかなと感じました。」

 

総評

スウェーデンハウスの特徴は、北欧のモダンなデザインと高断熱高気密の快適な室内環境です。

また、国内メーカーよりも太い木材を使っているため、耐震性が高く頑丈な造りとなっている点にも注目できます。

高級感がありますのでお客さんを呼びたくなるような家ですし、家族が一緒にのんびりと過ごしたくなり絆を深めるのに役立ちます。

木材を始めとする建材や設備を輸入しているということもあって、似た仕様の住宅よりも多少高めの価格帯となっています。

経済情勢によってさらに価格が上がることも予想されますので、見積もりと契約のタイミングはよく考えた方が良いでしょう。

注文住宅ならではの設計の自由度の高さが魅力ですが、セミオーダーという仕組みもありますので、予算とのバランスを考えて選べるというのも、このハウスメーカーの優れた点です。

上手に商品シリーズごとの違いを把握した上で、自分たちの要望を上手に伝えて快適な家を作り上げていくようにしましょう。

 

スウェーデンハウスの会社情報

社名株式会社スウェーデンハウス
所在地東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー23F
TEL.03-5430-7620
設立1984年(昭和59年)3月1日
資本金4億円
従業員数891名(平成29年10月1日現在)
事業内容1.スウェーデンより輸入する組立建物の製造、販売並びに設計、施工、監理

2.木材並びに木製品(1.に付随する窓、ドア等の住宅関連資材)の製造販売

3.不動産の売買または交換

4.不動産の売買、交換または貸借の代理および媒介

5.不動産の管理および利用運営に関する事業

6.建築一式工事の請負、監理、設計および施工

7.生命保険代理店業および損害保険代理店業

8.旅館業

9.前各号に附帯する一切の事業

 

 

坪単価はハウスメーカーによっても変わる

注文住宅を建てる際には、多くのハウスメーカーの中から、提案されている商品やオプションなどによって一つを選びます。

何を重視してメーカー選びをするかは多種多様ですが、ハウスメーカーごとに目安となる坪単価が異なる点は念頭に入れておきたいものです。

ハウスメーカーは、坪単価によってローコスト系とミドルコスト系、そしてハイコスト系に分類できます。

それぞれ、どのぐらいの坪単価が目安となり、どんな特徴があるのでしょうか。

 

ローコスト系ハウスメーカーの坪単価

ローコスト系ハウスメーカーの中には、タマホームのように全国展開しているメーカーもあれば、地域密着型の工務店まで様々です。

坪単価の目安としては30万円~50万円程度で、大手ハウスメーカーの平均となる70万円~80万円と比べると、リーズナブルな価格で住宅を建てられます。

これは坪単価なので、住宅の面積によって実際にかかる建物販売価格は異なります。

 

しかし多くの場合、1,000万円から2,000万円ぐらいの建物価格に設定されているケースが多く、初めて住宅を購入する人が検討したいタイプの住宅と言えるでしょう。

ローコスト系ハウスメーカーの住宅は、インテリアや間取りなどに関してのカスタマイズ選択肢が少ないという特徴があります。

 

すでに決められている間取りやインテリアをそのまま受け入れられる人なら、ローコスト系ハウスメーカーの注文住宅でも、十分に満足できる可能性は高いでしょう。

ただし、住む人のライフスタイルやこだわりに合わせてカスタマイズしたい人にとっては、選択肢が少ないという点で物足りなく感じるかもしれません。

 

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価

ミドルコスト系ハウスメーカーの坪単価は約50万円~60万円ぐらいが目安となります。

全国展開しているメーカーなら、ヤマダホームズや一条工務店などが該当するでしょう。

 

ミドルコスト系のメーカーは、ローコスト系の住宅と比較すると設備が充実していることが多いです。

大手メーカーの坪単価よりも若干リーズナブルなので、満足度が高い住宅をお買い得な価格で建てられる点が、ミドルコスト系の最大の魅力です。

 

デメリットは、ローコスト系と同様に、カスタマイズ性がそれほど充実していないという点があげられます。

完全フリースタイルで住宅を建てたい人にとっては、ミドルコストでも十分な満足度を得られないかもしれません。

 

ハイコスト系ハウスメーカーの坪単価

ハイコスト系は、大手ハウスメーカーが多く、坪単価は70万円以上が目安です。

メーカーごとに複数の商品をラインナップしており、それぞれ坪単価は異なります。

しかし、ハイコスト系ハウスメーカーの中でも定番商品や主力商品となっている商品の多くは、坪単価は70万円~80万円程度に抑えられていることが多く、オプションを装備することで坪単価が高くなる仕組みとなっています。

ちなみに、ハイコスト系のハウスメーカーの中でも全国展開しているメーカーだと、ヘーベルハウスや住友林業あたりが該当します

 

 

これから注文住宅をご検討の方は必見!

 

同じ間取りの家でもこんなに金額が違う!!!

ハウスメーカー見積比較

同じ間取りプランの住宅でも、ハウスメーカーごとで本体価格が数百万単位で異なります。

注文住宅をお考えの場合は、ハウスメーカーごとに価格比較を必ず行いましょう。

価格比較を行うには、無料で利用できる一括見積サービスを利用するのが便利です。

一括見積もりサイトのメリット

無料で利用できる

一度に同じ条件で複数社の見積を依頼できる

複数者の見積価格を比較できるため、建てたい家の相場価格を正しく判断できる

ハウスメーカー側も他社と比較されること前提の見積価格を出してくる

ご希望の条件で、複数のハウスメーカーから間取りプラン見積提案無料で入手できるサービスがあります。

その無料サービスは、『タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ

 

大手ハウスメーカー多数参加!全国のハウスメーカー・工務店が860社以上参加!

 

タウンライフハウスメーカー一覧

 

大手ハウスメーカー、中堅ハウスメーカー、ローコストハウスメーカーで同じ条件で一度の操作で見積提案を依頼できるからとても便利!

ハウスメーカー行脚しなくて済むから時短で最高!

 

注文住宅分野では人気のサービスで、第3者調査機関から『顧客満足度No1』、『知人に勧めたいサイトNo1』、『使いやすさNo1』の3冠取得!

 

タウンライフ3冠

 

第3者調査機関から評価されているなら安心だね!

 

タウンライフのお申し込みはカンタン3ステップ

 

1.注文住宅を建てたいエリアを選択!

2.希望条件と連絡先を入力!

3.対応可能なハウスメーカーの候補から間取り提案を受けたい会社をいくつか選択!

あとはお申し込みボタンを押すだけ!

使い方も超簡単!

無料なので安心して利用できます!

申し込みすると選んだハウスメーカーから確認の連絡が来ます。

追加の要望があればそこで伝えてあとは待つだけ!

間取りプラン見積書が届きます。

それで比較検討して、気になるハウスメーカーに絞って進めることが失敗しない秘訣です!

詳しくはコチラ

[PR]タウンライフ株式会社

おすすめ記事

2022年ハウスメーカー坪単価比較 1

ハウスメーカーの坪単価比較 主なハウスメーカーの坪単価と特徴について、坪単価の安い順に以下にまとめました。 坪単価だけでなくハウスメーカーごとに特徴が異なりますので、ハウスメーカーを検討されている方は ...

注文住宅の総費用と坪単価 2

注文住宅で一戸建ての家を建てる場合、どれくらい費用(総額)がかかるのでしょうか? 建売住宅ならチラシや不動産会社の店頭に販売価格が掲載されているので費用がわかります。 しかし、注文住宅は建てる家の種類 ...

ローコスト住宅の安全性・耐久性・断熱性 3

ローコスト住宅の安全性は? ローコスト住宅は価格が安いので、耐久性など安全性に劣るのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。 実は私たち夫婦も家を建てる前は、そのような不安を感じていました。 し ...

-スウェーデンハウス
-,

Copyright© ローコストな家づくり , 2022 All Rights Reserved.